空港での特別なお手伝いと機内でのサービス | フィンエアー

空港での特別なお手伝いと機内でのサービス

快適な空の旅をお楽しみいただくために、障がいをお持ちのお客様、お身体の不自由なお客様、視覚や聴覚の障がいをお持ちのお客様、精神疾患をお持ちのお客様で、空港や機内で特別な配慮を必要とされる方は、フィンエアーまで事前にお知らせくださいますようお願いいたします。

サポートの事前申し込み

空港でまたは航空機へのご搭乗の際に介助をご希望のお客様は、お身体の状態や介助のご要望についてフィンエアーまで事前にお知らせください。必要な準備を整えて、お客様をお迎えします。

諸手続きをスムーズに進められるよう、航空券のご予約完了後フライトの出発48時間前までに特別なサポートのリクエストフォームを利用してご連絡をお願いいたします。他にご不明な点がある場合は、カスタマーサービスまでお問い合わせください。

特別なサポートのリクエストフォームの記入

空港でのサポート

サポートはEU域内のすべての空港およびフィンランド国内の乗り入れ空港でご利用いただけます。詳しい情報は、各空港のウェブサイトでもご確認いただけます。

  • 空港では、チェックインデスクまたは障がい者のための国際シンボルマークが表示された集合場所で、事前に予約された係員がお客様をお迎えします。
  • チェックイン前のサポートをご希望のお客様は、フライトの出発時刻の2時間前までに空港にお越しください。ヘルシンキ空港には、複数の集合場所があります。集合場所はこちらでご確認いただけます。
  • チェックインから後のサポートのみを必要とされる場合は、フライトの1時間前までに集合場所にお越しください。ヘルシンキ空港では、スペシャルアシスタンスデスクをご利用いただけます。
  • 車イスをご使用のお客様は、ほとんどの空港では、チェックインから出発ゲートまでご自身の車イスで移動するか、ご自身の車イスを預け入れ、空港内の移動用に車イスを借りるかを選択することができます。車イスや歩行補助器具をご利用になるお客様のご搭乗に関する詳細をご確認ください。
  • チェックイン後は、セキュリティチェックの通過から、出発ゲートおよび機内の座席までの移動をお手伝いします。
  • 薬の服用、お食事、トイレへの移動、起立、コミュニケーションに関してお手伝いが必要なお客様には、介助者と一緒に搭乗されることをお勧めします。
  • 機内には、一般のお客様よりも先にご案内します。それにより、フライトがスムーズに始まり、フライト中のご要望について客室乗務員がお客様にお伺いすることができます。ご搭乗に十分な時間を取れるよう、搭乗開始前に十分な時間的余裕をもってゲートにお越しください。
  • ヘルシンキ空港の各種サービスの詳細はこちらでご確認いただけます。

機内でのサービス

  • どの機材にも、座席の出入りがしやすい可動式肘掛けを備えた座席が複数設置されています。恐れ入りますが、フィンエアーの機内では、シートを高くするためのクッションなどの補助器具はご提供しておりません。
  • 機内でエクストラレッグルームなどの座席を確保するには、事前座席指定のご利用をお勧めします。座席指定は有料のサービスで、航空券の予約と同時に行うか、予約後に[予約の管理]で行うことができます。
  • 安全上の理由から、お身体の不自由なお客様が非常口のある列にお座りになることはできません。非常口列の座席にお座りになる方には、緊急時に航空機のドアを開けるなど、客室乗務員の支援をできることが求められます。
  • エアバスのA330型機およびA350型機で運航する長距離便には、トイレへの移動に利用できる車イスが用意されています。ご希望であれば、車イスの組み立てと客室内での車イスの移動は客室乗務員がお手伝いします。座席から車イスまたは車イスから座席への移乗はご自身でまたは付添人の介助を得て行ってください。
  • 機内で最善のサービスをご提供できるよう、視覚や聴覚の障がいをお持ちのお客様はその旨を客室乗務員にお知らせください。
  • 薬の服用、お食事、トイレへの移動、起立、コミュニケーションに関してお手伝いが必要なお客様には、介助者と一緒に搭乗されることをお勧めします。

フライトの後で

補助サービスは乗り継ぎの空港や目的地の空港でもご利用いただけます。

  • 介助スタッフがお客様のご搭乗便の到着をお待ちし、座席または航空機のドアから車イスへの移動をお手伝いします。スムーズに移動できるよう、他のお客様に先に降りていただきます。
  • 乗り継ぎ便をお持ちの場合は、介助スタッフが乗り継ぎ先のフライトまでご案内します。目的地に到着した際は、到着ロビーを出て、次にご利用になる交通手段のところまでスタッフがご案内します。

米国発着便における特別な配慮に関する苦情

米国航空会社アクセス法(ACAA)パート382は、航空機での障がいに対する差別を禁じており、この法は米国発着のフライトを運航するすべての航空会社に適用されます。米国発着便の運航中、フィンエアーは、ヘルシンキ空港およびジョン・F・ケネディ国際空港にComplaint Resolution Official(苦情相談担当者)を配置し、障がいに関する苦情の解決に当たります。フライトのご利用後の苦情につきましては、こちらのフィードバックフォームをご利用ください。