空港での特別なお手伝いと機内でのサービス | フィンエアー

空港での特別なお手伝いと機内でのサービス

快適な空の旅をお楽しみいただくために、障がいをお持ちのお客様、お身体の不自由なお客様、視覚や聴覚の障がいをお持ちのお客様、精神疾患をお持ちのお客様で、空港や機内で特別な配慮を必要とされる方は、フィンエアーまで事前にお知らせくださいますようお願いいたします。

サポートの事前申し込み

空港でまたは航空機へのご搭乗の際に介助をご希望のお客様は、お身体の状態や介助のご要望についてフィンエアーまで事前にお知らせください。必要な準備を整えて、お客様をお迎えします。

諸手続きをスムーズに進められるよう、航空券のご予約完了後フライトの出発48時間前までに特別なサポートのリクエストフォームを利用してご連絡をお願いいたします。他にご不明な点がある場合は、カスタマーサービスまでお問い合わせください。

特別なサポートのリクエストフォームの記入

空港でのアシスタンス 

アシスタンスは、EU加盟国内の全空港およびフィンエアー便の目的地となるその他の空港でご利用いただけます。詳細については、空港のWebサイトでもご確認いただけます。

  • 事前予約を受けた係員が、空港のチェックインデスクまたは障がい者のアクセスを示す国際シンボルマークが表示された集合場所で、お客様をお迎えします。 
  • チェックイン前のアシスタンスをご希望のお客様は、ご出発時刻の2時間前までに空港へお越しください。ヘルシンキ空港には、集合場所がいくつかございます。集合場所はこちらからご確認いただけます。 
  • チェックイン後のアシスタンスのみご希望のお客様は、ご出発時刻の1時間前までにお越しいただきますよう、お願いいたします。ヘルシンキ空港では、当社のスペシャルアシスタンスデスクをご利用いただけます。 
  • 車いすをご使用のお客様は、ほとんどの空港で、チェックインから出発ゲートまでご自身の車いすで移動するか、またはご自身の車いすを預け入れ、空港内移動用の車いすを借りて移動するか、そのいずれかをお選びいただけます。車いすや移動補助器具を伴うご搭乗については、詳細をご確認ください。
  • チェックイン後のセキュリティチェックの通過から、出発ゲートおよび機内の座席まで、移動のお手伝いをさせていただきます。 
  • 薬の服用、お食事、トイレへの移動、起立、コミュニケーションに関してサポートが必要なお客様は、介助される方とご一緒にご搭乗いただくことをお勧めします。 
  • ファーストクラスのお客様とご一緒のご搭乗となります。そうすることで、お客様にお手間を取らせることなく、スムーズにご搭乗いただけます。ご搭乗中は、客室乗務員がお客様のご要望をお伺いいたします。ゆとりを持ってご搭乗いただくため、ご搭乗開始までに十分な時間的余裕を持って、ゲートにお越しください。 
  • ヘルシンキ空港の各種サービスの詳細はこちらでご確認いただけます。

機内でのサービス 

  • フィンエアーでは、容易にご着席いただけるよう、全機に可動式アームレスト付きの座席をご用意しております。申し訳ございませんが、機内では、起立用シートクッションなどの補助器具はご利用いただけません。 
  • シートベルトサインが点灯した際には、必ずシートベルトを締めてご着席いただくことが求められます。予めご了承ください。医療上の理由により必要となる場合は、航空便認証済みの安全装置、5点式ハーネスをご利用いただけます。ご搭乗開始の48時間前までに、補助器具の適合性について、アシスタンスリクエストフォームを通じてご確認をお願いいたします。事前にご連絡いただければ、次の身体固定用ハーネスの着用が認められます。
    • 姿勢サポート – AMsafe  
    • 姿勢サポート – Firefly GoTo Sunrise medical  
    • 姿勢サポート – Crelling Harness (Model 27) 
  • 足元に余裕がある座席を確保するなど、事前座席指定を有効にご利用いただく方法もございます。事前座席指定は、航空券のご予約時に、または後ほど予約の管理から有料で承ります。
  • 安全上の理由から、お身体の不自由なお客様が非常口列にお座りいただくことはできません。非常口列の座席をご利用になる方には、緊急時に航空機のドアを開けるなど、客室乗務員の支援が可能であることが求められます。 
  • エアバスA330およびA350を使用するすべての長距離便には、トイレへ移動する際の車いすもご用意しております。ご希望に応じて、客室乗務員が座席のセッティングおよび移動のお手伝いをいたします。ご自身で、または介助される方の協力を得て、座席からお身体を起こせることが必要となります。予めご了承ください。 
  • 機内で最善のサービスをご提供できるよう、視覚や聴覚の障がいをお持ちのお客様はその旨を客室乗務員にお知らせください。 
  • 薬の服用、お食事、トイレへの移動、起立、コミュニケーションに関してサポートが必要なお客様は、介助される方とご一緒にご搭乗いただくことをお勧めします。

フライトの後で

アシスタンスサービスは、乗り継ぎの空港や目的地の空港でもご利用いただけます。 

  • 係員が機内でお客様に付き添い、座席または航空機のドアから車いすまでの移動をお手伝いいたします。お客様にお手間を取らせることがないよう、他のお客様が降機してからのご案内となります。 
  • 乗り継ぎ便をご利用の場合は、次の便まで係員がエスコートいたします。目的地に到着した際には、係員が到着ロビーを経由して次の交通手段までご案内いたします。

フライトとバスの乗り継ぎ 

アクセシビリティ

申し訳ございませんが、トゥルクとタンペレ行きのフィンエアーの接続バスは主に高床タイプが使用されているため、車椅子をお使いのお客様にはご利用いただけません。

車椅子をご利用のお客様は、出発時刻の48時間前までにフィンエアーまでお知らせいただければ、車椅子用リフトとスペースを備えたバスの手配をバス会社に依頼することが可能です。車椅子用リフトの最大積載量は250kgです。バスの運転手が、車椅子とそれを利用するお客様の安全なご乗車を確保すべくサポートいたします。

聴導犬や盲導犬など、補助犬を同伴する場合は、追加料金なしでバスをご利用いただけます。 

米国発着便における特別な配慮に関する苦情

米国航空アクセス法(ACAA)パート382は、航空機における障がいを理由とする差別を禁じており、この法律は、米国発着便を運航するすべての航空会社に適用されます。

米国運輸省は、障がいを持つ旅行者のための権利章典と呼ばれる文書を公開しました。この権利章典は、航空アクセス法およびその施行規則、連邦規則集(CFR)14編第382部に基づいて、障がいを持つ航空機搭乗者の基本的権利について規定しています。

フィンエアーの米国発着便で何か問題が発生した場合は、専任乗務員または地上係員にお声掛けいただき、アシスタンスを要請してください。障がいに関するご懸念に応える特別な訓練を受けた苦情解決担当者(CRO)がおりますので、その担当者へ連絡を取るお手伝いをさせていただきます。フィンエアーのCROは営業時間中に、お電話にてご用件を承ります。 ご搭乗後に苦情の申し立てが必要な場合は、こちらのフィードバックフォームをご利用ください。

次のページに移動:空港での特別なお手伝いと機内でのサービス