フィンエアープラス規約 | フィンエアー

フィンエアープラス規約

フィンエアープラス規約の詳細をご確認ください。

フィンエアープラス

1.1
Finnair Oyj(以下「フィンエアー」)は、フィンエアープラスプログラムに関するあらゆる規約を変更および解釈する権利を有します。フィンエアーが行う決定は各個の事例について拘束力のあるものとします。フィンエアーはパートナー会社の商品やサービスに対するクレームについて責任を負いません。各会社は自社の商品やサービスについてそれぞれ責任を負います。

1.2
フィンエアーは、特別割引というサービスの特性上必然的に特定の会員にのみ特定の特典を付与する決定権を行使する権利を有します。従って、フィンエアーはそうした特典をすべての会員に付与する義務を負いません。特定の会員レベルのフィンエアープラスカード所有者または特定の地域在住のフィンエアープラスカード所有者にのみ特定の特典を付与することができます。

2.1
Finnair Plus への入会は無料です。会員になれるのは個人のみで、2歳以上の方ならどなたでも入会できます。2~17歳のお客様は、Finnair Plus Junior プログラムへのご入会となります。18歳未満の方の入会と特典利用は、親または保護者の同意が必要です。また、会員になる際には、ご両親の連絡先をご提示いただきます。保護者の方は、ジュニア会員のユーザー名、パスワード、ポイントの使用、Finnair Plus プログラム会員規約の順守に責任を負うものとします。また、保護者も Finnair Plus 会員である必要があります。Finnair Plus Junior の会員資格は、お客様が18歳になるまで有効です。お客様の Finnair Plus 会員カードは、ログイン時にフィンエアーのアプリに自動的に表示されます。

2.2
ボーナスプログラムに参加するためにはFinnair Plus 会員フォームに必要事項をご記入のうえで署名いただくか、インターネットでのご入会の場合は、規約および条件に同意していただく必要があります。一つの会員番号につき、一人の会員のみ登録できます。会員資格は、会員本人が指定した住所に該当する方の名前でFinnair Plus ポイントアカウントを開設することで登録となります。企業、組織、団体は会員対象ではありません。Finnair Plus 会員は、Finnair Plus 会員フォームへの署名、またはインターネット上の規約に同意することで、Finnair Plus 規約を承認することになります。Finnair Plus カードの使用が、Finnair Plus 規約を承認したとみなされます。

2.3
会員情報が Finnair Plus 制度に登録された時点から、会員資格と個人行動トラッキング期間が有効になります。トラッキング期間は、個人の行動を対象としたもので、期間は12か月です。新規入会の場合は、フィンエアーのアプリにログインすることにより、会員番号入りの Finnair Plus 会員カードを画面で確認できます。

2.4
Finnair Plus カードは、デビットやクレジットカードではありません。

2.5
会員は、常に最新の連絡先情報を保つようにしてください。また、プログラムの規定変更に注意してください。

2.6
Finnair Plus 会員アカウントを使った取引や活動の確認は、弊社ウェブサイトからアカウントにログインし、Finnair Plus のポイント明細表で行えます。ポイント明細表に記載のポイント残高は、承認済みのポイントを示しています。フィンエアーは、アカウントに誤って登録されたあらゆるポイントや他の特典を削除する権利を有します。

2.7
Finnair Plus カードには、さまざまな会員ティア(資格レベル)があり、カード保有者はティアによって異なる種類の特典を受けられます。トラッキング期間中に獲得したティアポイント数と飛行回数(うち、少なくとも4便はフィンエアー運航便)によりティアが決まります。ティアレベルや特典の詳細につきましては、インターネットまたはFinnair Plus プラスサービスセンターでご確認ください。フィンエアーは、Finnair Plus 会員レベル制度の変更(ティア制度の廃止を含む)と、異なるティアのカードに付与される特典の内容を変更する権利を有します。またフィンエアーは、各ティアレベルに必要なFinnair Plus ポイント数を変更する権利を有します。ポイントは、ジュニア会員のアカウントに移動できません。ポイントの移動には、一律にサービス料金をいただきます。会員は、Finnair Plus アカウントを90日以上所有すると、ポイントをオンラインで移動することができます。それ以前のポイント移動は、フィンエアーのカスタマーケアを通じて行う必要があります。ポイントは、一度に一つのボーナスプログラムでのみ獲得でき、特に明記されていない限り、Finnair Plus アカウントから別のボーナスプログラムへ、またはその逆に移動できません。

3.1 総則
ポイントが記録されるためには、予約時に会員番号を提示し、さらにチェックインまたはFinnair Plus 提携会社のサービスを使用する際に、会員カードを提示する必要があります。

3.2
Finnair Plus プログラムの基本単位はポイントです。定期便(AY0001–AY2000、AY3101–AY3300、AY7001-AY7500)の場合、フィンエアーが付与するアワードポイント数の基準は、1)飛行目的地と航空券の種類、2)出発地と目的地間の距離(キロメートル)と予約クラス、または3)プログラムに記載されている最小ポイント数(予約クラスで決まります)のいずれかに指定されます。フィンランド発のフィンエアーチャーター便(AY2001–AY2500)の場合は、別表の記載に従ってポイントが付与されます。定期の直行便および経由便のポイントは、航空券に記載されている出発地と目的地に基づいて付与されます。旅行中に航空機が変更され、便名が変更になった場合には、個々のフライト飛行区間に基づいてポイントが付与されます。その他のサービスの場合、ポイント数は個別の契約に基づきます。Finnair Plus ポイントは、約1~4週間でアカウントに加算されます。
アワードポイントに加えて、会員はティアポイントや対象となるフライトも獲得できます。フィンエアーおよびその他のoneworld加盟航空会社の定期便のご利用で、ティアポイントが付与され、Finnair Plus プログラムの会員レベル昇格を促進します。対象となるフライトは、ティアポイントが付与されるフライトに限られます。

3.3
Finnair Plus ポイントは、会員登録完了後から獲得できます。ポイントは会員個人に付与され、現金に換えることはできません。ポイントは、ポイントが付与されるフライトに搭乗するか、Finnair Plus 提携会社のサービスを利用する会員のみが獲得できます。旅行やサービスの料金を支払う人は、自分でサービスを利用しない限り、ポイントを獲得できません。獲得したポイントは、他のFinnair Plus 会員のアカウントに譲渡できます。ポイントの譲渡は、Finnair Plus のオンラインサービスにログインするか、Finnair Plus サービスセンターで行えます。ポイントはジュニア会員のアカウントに譲渡できません。すべてのポイントの譲渡には、サービス料金が課せられます。ポイントは、一度に1つのボーナスプログラムでのみ獲得でき、特に明記されていない限り、Finnair Plus アカウントから別のボーナスプログラムへ、またはその逆にポイントを譲渡できません。

3.4
ポイントは、最後のポイント活動日(ポイントの獲得または使用)から18か月間有効です。ポイント活動で、すべてのアワードポイントの有効日は18か月間延長します。18か月間にポイント活動がない場合、未使用のアワードポイントは期限切れとなり、自動的にキャンセルとなります。ポイントの有効期限は、インターネットで会員のFinnair Plus アカウントにアクセスして確認できます。フィンエアーは、有効期限が切れるポイントについてメンバーに通知する義務はありません。アカウント間のポイント譲渡は、ポイントの有効期限には影響しません。

3.5
他のアワード制度を通じて獲得した特典を使ったフライトまたはサービスには、ポイントは付与されません。この規定は、無償、契約、特典、物々交換、Finnair Plusのマネー+ポイントプラン、または旅行業界割引運賃航空券にも適用されます。また、これらの航空券は、Finnair Plus の会員レベルの昇格に影響しません。座席を持たない2歳未満のお子様の航空券にはポイントは付与されません。

3.6
ポイントは、以下の場合を証明する書類を提出していただいた場合にのみ遡及的に付与いたします。

  • フライト:航空券および搭乗券のコピー
  • Eチケット:旅程・領収書 搭乗券の半券だけでは不十分です。
  • ホテル:請求書のコピー
  • レンタカー:レンタカー契約書のコピー
  • その他サービス:請求書または領収書のコピー
  • 6か月以上経過した購入に対するポイントは、遡って付与できません。ご注意:提携会社により、ポイントの遡及付与はご購入後1か月から6か月までとなります。

書類は返却いたしませんのでご了承ください。

一部の提携会社は、遡ってポイントを付与しませんのでご注意ください。

3.7
Finnair Plus プログラムに参加する提携会社は、同社が提供するサービスに対してポイントを付与しない権利、または通常付与されているポイント数の一部のみを付与する権利を有しています。一部の提携会社はポイントを付与しません。以上のポイント付与数の制限、または変更されたポイント付与条件に関する詳細情報は、フィンエアーのインターネットページおよびFinnair Plusサービスセンターから入手できます。

3.8 フライトからのポイント獲得
Finnair Plus ポイントは会員登録後から獲得できます。ただし、会員登録申込書とともに送信されたフィンエアー往復フライト(「CARRIER(航空会社)」である航空会社コードAYが表示されている必要があります)のポイントは、当該フライトがお申し込みの6か月より前でない限り、遡って承認されます。このポイントは、異なるFinnair Plus の会員レベルへの昇格には考慮されません。

3.9
ポイントは、正規の通常運賃が支払われた、すべてのフィンエアー(AY)定期便に付与されます。航空会社であるフィンエアーのキャリアコード(AY)が、航空券に記載されていなければなりません。フィンランド発のフィンエアーのチャーター便には、別表に説明されたポイントが付与されます。フィンエアーは、Finnair Plus プログラムの対象となる定期便と運賃、および航空券の種類をいつでも指定する権利を留保します。

3.10
「MARKETING CARRIER(航空会社)」である提携航空会社のコードが航空券に記載され、そのフライトが提携会社の航空機で運航されている場合、提携航空会社のフライトにもポイントが付与されます。提携会社から獲得したポイントは、特に明記されていない限り、個々のFinnair Plus の会員レベルには考慮されません。

3.11
定期便では、渡航地域や搭乗クラスに応じて別途決定される乗数に従ってポイントが加算されます。付与されるポイント数は、予約クラスおよびお客様が支払う運賃または航空券の種類によって異なります。航空会社が予約/旅行クラスを変更した場合、付与されるポイント数は増減しません。フィンエアーは、予約クラスおよび運賃または航空券の種類に応じて決定する乗数に従ってポイントを付与する権利を留保します。詳細については、フィンエアーWebサイトのポイント表をご覧ください。

3.12
技術的要因で欠航または遅延した(この要因で行われた経路変更を含む)フィンエアーのフライトにつき、会員が航空券(航空券上にAYコード記載)と当該フライトの座席を確定している場合はポイントが付与されます。ただし、不可抗力(気象条件またはフィンエアーが制御できないその他の理由)によるフライトの欠航などが発生した場合、ポイントは付与されません。不可抗力またはフィンエアーが制御できないその他の理由で経路変更が発生した場合も、ポイントは付与されません。フィンエアーのフライトが遅延し(不可抗力またはその他の理由で)、そのために会員がフィンエアーの提携会社が運航するフライトに乗れなかった場合、提携航空会社のフライトに対するポイントは付与されません。

3.13
フィンエアー以外の航空会社が運航している場合、技術的な理由により欠航または遅延したフライトには(上記の理由による経路変更を含む)、ポイントは付与されません。不可抗力または提携会社が制御できないその他の理由によりフライトが遅延または欠航した場合も、ポイントは付与されません。不可抗力または提携会社が制御できないその他の理由で経路変更が発生した場合も、ポイントは付与されません。こうしたフライトの変更(経路変更や欠航など)で、会員がFinnair Plus ポイントの対象になることは一切ありません。

3.14
フライトのポイントは、利用した航空券のみを対象として Finnair Plus アカウントに記録されます。期限切れ、ポイント交換によるもの、未使用、およびキャンセルされた航空券、またはこのボーナスプログラムに参加していない航空会社に変更された航空券には、ポイントは付与されません。承認された航空券に付与されたポイントは、航空券の予約またはチェックインの際に、Finnair Plus の会員番号が提示された場合、搭乗後に記録されます。会員番号を予約システムに入力してください。予約時またはチェックイン時に会員番号が提示された場合、ポイントはフライト後1~4週間以内に記録されます。フィンエアーのチャーター便の場合、フィンランドでのチェック時にFinnair Plus 会員カードを提示する必要があります。

3.15 その他の提携会社が提供するサービスに対するポイントの獲得
フィンエアーは、Finnair Plus のWebサイトで言及されている各提携会社との間で、Finnair Plus プログラムの協同運営に合意しました。ポイントの獲得に関する情報は、同WebサイトまたはFinnair Plus サービスセンターでご確認いただけます。フィンエアーは、これらの規則の誤植について責任を負いません。また、変更を加える権利を留保しています。Finnair Plus 会員は、提携契約が変更された場合、ポイントまたは特典の加算を要求することはできません。

3.16
レンタカーの場合、レンタカー会社が定めた条件に従って、レンタカーを利用するたびに別途合意したポイントが付与されます。ポイントを獲得するためには、レンタカーの利用時にFinnair Plusカードを提示する必要があります。ポイントは、第3.6条に従い、6か月以内に締結されたレンタカー契約に対してのみ遡及的に付与されます。

3.17
提携ホテルでは、1泊または1滞在ごとに別途合意したポイント数が加算されます。ポイントが口座に加算されるためには、チェックイン時に会員カードを提示する必要があります。2名の会員が同じホテルの1部屋を共有する場合には、ポイントは1名のみに付与されます。ポイントは宿泊または滞在につき、1部屋に1回のみ付与されます。ポイントの遡及付与は、6か月以内に発行されたホテルの請求書のみ可能です。

3.18
フィンエアーフライト内での購入に関しては、会員が購入時にFinnair Plusカードを販売担当者に提示した場合、その購入金額(お菓子・軽食とバーのメニューを除く)に対して、フィンエアーが別途定める条件でポイントが付与されます。予約注文に関しては、Finnair Plusの会員番号を注文書に入力することでポイントが付与されます。ポイントは遡って付与されることはありません。

3.19
合意された方法で、フィンエアーとその提携金融会社は、Finnair Plus MasterCard と Finnair Plus Visaを使った購入金額に対して Finnair Plus ポイントを付与します。これらのクレジットカードを商品やサービスの支払い手段として使用すると、Finnair Plus ポイントが主たるカード保有者のアカウントに加算されます。現金の引き出し、信用口座から支払われる請求書、振替による支払いにはポイントの付与はありません。加算されるポイントは、会員のティアポイント残高には影響しません。

3.20
Finnair Plus ポイントは、別途合意されているとおり、他の提携会社が提供するサービスからも発生します。ポイントの遡及的付与には、特定の制限事項が適用される場合があります。

4.1 全般
Finnair Plusの特典フライトは、Finnair PlusサービスセンターまたはFinnair Plusサービスセンターが提供するチャネルを通じてご注文いただけます。特典は、Finnair Plus ポイントのみ、またはポイントと現金を組み合わせてご利用いただけます。特定の特典に必要なポイント数については、インターネットまたはFinnair Plusサービスセンターでご確認いただけます。一部の特典はオンラインでのみ引き換えることができます。特典の予約時に、アカウントから同等のポイント数が差し引かれます。特典を現金に変換したり、2つの重複する特典を利用することはできません。紛失、盗難、または未使用の航空券や特典バウチャーのクレジットや引き換えはできません。Finnair Plusサービスセンターは、会員が支払いに必要なポイントを保有していない場合、特典をさかのぼってお客様に請求する権利を有します。特典の料金は、現在の通常価格によって決定されます。サービス料もお支払いいただきます。

4.2
他の人に特典を与えることができます。特典を予約する際は、名前を入力する必要があります。代理人によるアカウントの使用を許可する会員は、Finnair Plusサービスセンターに書面による許可を提供する必要があります。

4.3
フィンエアーとそのパートナーには、いつでも会員にどのような種類の特典を付与するかを決定するのに適当と考える方法を選ぶ権利があります。フィンエアーおよびそのパートナーは、特定の期間、特典の数を制限したり、特典の付与を差し控えたりする権利を有します。

4.4
特典の予約は使用予定日の最短7日前から最長360日前までに行う必要があります。航空券が会員に郵送される場合には、最短配送日数はフィンランド国内で7日、海外では10~30日です。フィンエアーは、使用日の6日前以降に行われた注文を受理しない権利を留保します。予約や購入に関する規定の詳細については、Finnair Plusサービスセンターまでお問い合わせください。

4.5
会員は自ら、フィンエアーまたは当局が定めた空港税、施設使用料、サービス料、その他の支払いを行います。会員には、現行の法律に従い、特典に関連するあらゆる税金および同様の支払い(VATを含む)を行う義務があります。フィンエアーは、税金やその他の費用について会員に対して責任を負いません。航空券の引き換え後に特典旅行がキャンセルされた場合、税金は払い戻しされません。フィンエアーは、会員が負担する可能性のある税金やその他の費用については責任を負いません。会員は、ビザおよびその他の公的書類を取得する責任があります。

4.6
特典フライトまたはその他のFinnair Plusのオファーの価値は、フライト、ホテルでの宿泊、または通常料金が課されるその他のサービスと比較することで決定することはできません。航空券の料金は、購入時期と購入場所、および対象となる航空券のタイプによって異なります。同じことが他の特典にも当てはまります。また、特典旅行の価値は、通常運賃の航空券よりも用意されている数が少なく、予約制限の対象となるため、限定されます。航空券の購入条件は別途記載しています。

4.7 特典のキャンセル
フィンエアーのパートナーの1社が付与した特典については、当該パートナーのキャンセル条件またはパッケージツアーの一般条件が適用されます。これらの条件は、キャンセルの結果としてキャンセルした会員が支払う必要のある支払い、および会員が行った特定の支払い(空港税や施設使用料など)がキャンセルに伴って払い戻されるかどうかを規定します。会員が特典の利用前にキャンセルした場合、フィンエアーは、バウチャーまたはその他の類似の書類の提示により、未使用の特典に対し差し引かれたポイントを返還します。一定期間有効なバウチャー(ホテルバウチャーなど)を提示した場合は、フィンエアーはバウチャーを使用していなくてもポイントを返還しません。フライト特典については、セクション4.11および当該航空会社のキャンセル条件が適用されます。

4.8 フライト特典
フライト特典は、フィンエアーまたはFinnair Plus パートナーの定期便と引き換えられます。特典フライトに必要な旅客クラスの座席数には制限があります。特典フライトは、特定の期間または特定の路線では予約できません。フィンエアーとそのパートナーには、適宜付与される特典フライトの数を制限する権利があります。このような制限に関する情報は、インターネットおよびFinnair Plusサービスセンターから入手いただけます。したがって、会員は、特定の定期便の座席をポイントで引き換える権利がありません。フライトが他の航空会社と共同運航される場合、特典はFinnair Plus プログラムに参加している航空会社の座席割り当てからのみ付与されます。特典フライトの航空券は、フィンエアーが別途指定するフィンエアーの事業所でのみ引き換えることができます。特典フライトは、Finnair Plus ポイントでフィンエアーのチャーター便に引き換えることはできません。

4.9
特典フライトの全区間の座席が確認済みである必要があります。定期便に引き換えられた特典は、他の運賃タイプや割引運賃と組み合わせたり、他の料金の一部支払いに使用したりすることはできません。ただし、セクション4.12に記載されている場合を除きます。

4.10
すべての特典フライトは往復便であり、出発地に戻る必要があります(片道特典フライトを除く)。特典に差し引かれるポイント数は常に上位区分に基づくことになりますが、別の目的地からの復路便に利用することは可能です(例外は個々の航空会社によって規定されます)。旅行をストップオーバー時に中断することはできず、代わりに次に利用可能なフライトで目的地まで継続する必要があります。ただし、大陸間の往復特典フライトでは1回のストップオーバーが許可されています。往復特典フライトは、同じ日にご利用いただけません。定期便の特典航空券は、予約日から12か月間有効で、復路便は、常にこの期間内にご利用いただく必要があります。

4.11
未使用の特典フライト(フィンエアーおよびFinnair Plus パートナーのフライト)のポイントは、航空券の発券前に旅行がキャンセルされ、遅くとも旅行の(平日の)前日までにFinnair Plus サービスセンターにキャンセルの通知が行われた場合に、会員のアカウントに返還されます。旅行が航空券の発券後にキャンセルされた場合でも、旅行の開始前であれば、ポイントは未使用の航空券と引き換えにアカウントに返還されます。会員には、航空券1枚あたり50ユーロまたは他の通貨の相当額の取消手数料が課されます。残りの部分、すなわち、税金、施設使用料は返金されます。航空券の発券後に旅行を変更する場合は、会員には、変更により発生する税金と施設使用料の他に、航空券1枚あたり50ユーロまたは他の通貨の相当額の手数料が課されます。Classic特典では、搭乗者1名あたり50ユーロの変更手数料で復路便を変更することができます。変更は、元の復路便の少なくとも1日前に行う必要があり、路線変更は許可されません。変更は、フィンエアーが運航する特典フライトにのみ可能です。会員がフライトをキャンセルしなかった場合(ノーショー)、ポイントは返還されません。フィンエアー特典フライトの航空券は、発券対象の航空会社でのみ有効です。

4.12 フィンエアーのフライトでのアップグレード特典
アップグレードは、フィンエアーの定期便(AY機および航空券に記載されているAYコード)でのみ行うことができます。会員は、確認済みのエコノミークラスの予約と、Finnair Plus サービスセンターが特典を添付できる引き換え済み航空券を持っている必要があります。アップグレード特典は、公示運賃で発行された航空券にのみ付与できます。元のエコノミークラスの航空券の制限は、アップグレードに関係なく有効です。経路変更の場合、元の航空券の予約クラスの規定が順守され、エコノミークラスで旅行することになります。座席数には限りがありますが、フィンエアーは、フライトの予約で妨げられない限り、フライトの37時間前にご希望の方法でアップグレードの確認を試みます。この時点でアップグレードが確認されない場合、順番待ちリストはキャンセルされ、ポイント/バウチャーは1〜4営業日以内に返還されます。アップグレード特典は、一度に1つの座席クラスのみの昇格にご利用いただけます。フィンエアーが指定する特定のフライトでは、アップグレード特典をご利用いただけません。フィンエアーは、アップグレード特典の制限を設定し、これらの制限を適宜変更する権利を有します。制限に関する情報は、インターネットおよびFinnair Plusサービスセンターから入手いただけます。

4.13 その他の特典
特典バウチャーは、Finnair Shop(www.finnairshop.com)からオンラインで注文する必要があります。特典に関連した有効性およびその他の制限事項は、Eメールで会員に送信される文書に記載されています。優先クラブ特典のバウチャーは、ご使用予定日の4週間前までに注文する必要があります。

4.14
予約は、会員本人が選択したパートナーの予約センターで直接行います。ご予約の際には、Finnair Plus 特典のご利用であることを述べる必要があります。特典を利用するには、特典バウチャーの原本を提示する必要があります。


4.15 レンタカー特典
特典は、各レンタカー会社が定める条件でご利用いただけます。燃料費、追加保険料、その他の費用は、レンタカー使用者ご自身のお支払いとなります。レンタカーは、常にレンタカーを借りた場所に戻す必要があります。特典のレンタルには、年齢、運転免許証、信用度(国際クレジットカード)などの通常のレンタカーの要件を満たす必要があります。

4.16
バウチャーは、実際の運転手の名前で発行され、その名前は、レンタル契約にも記載されている必要があります。Finnair Plus サービスセンターまたは当該レンタカー会社による場合を除き、バウチャーを変更することはできません。

4.17 ホテル宿泊特典
Finnair Plus プログラムに参加しているホテルは、地域またはホテルごとに1泊あたりの特典の数を制限し、1部屋につき1泊あたり複数の特典バウチャーを請求する権利、および特典の使用に関するその他の条件と制限を設定する権利を留保します。優先クラブ特典は、独自の特典のポイント要件を設定します。

5.1
フィンエアーは、プログラム終了の少なくとも6か月前までに会員に書面で通知することで、いつでもフィンエアープラスプログラムを終了したり、別のプログラムに切り替えたりすることができます。ポイントは通知日から6か月間有効で、それ以降はすべてのポイントが無効になります。フィンエアーは未使用のポイントまたは特典を補償する義務を負いません。

5.2
フィンエアーは、会員資格を停止する6か月前に対象会員に通知することで、会員に確たる理由がなくても会員の会員資格をいつでも停止できる権利を有します。会員のポイントは通知日から6か月間有効で、それ以降はすべてのポイントが無効になります。フィンエアーは未使用のポイントまたは特典を補償する義務を負いません。

5.3
フィンエアーは、会員に十分な理由がある場合に会員の会員資格をいつでも停止できる権利を有します。さらに、この事例において、フィンエアーは事前通知なしで会員のポイントを無効にする権利を有します。上記の会員の十分な理由としては、本規約で明記している規則に対する違反、会員への特典として発行された航空券やバウチャーなどの文書の改ざん、改変、売却、他者への無断譲渡などがあります。

5.4
会員は、フィンエアーサービスセンターに書面で通知することで、いつでも退会できる権利を有します。フィンエアーは通知の受領後にポイントを無効にします。会員が死亡した場合、会員資格は失効します。

5.5
フィンエアーは、フィンエアープラスプログラム、フィンエアープラス規則、会員に付与される特典(パートナー会社の変更、ポイントの獲得、ポイントの蓄積、特典に必要なポイント数、フライト特典の付与とそれらに対する制限、特典の引き換え手順、ポイントの有効期限など)を自らの判断でいつでも変更できる権利を有します。かかる変更は、フィンエアーが特に指定しない限り、事前通知なしで直ちに有効になります。フィンエアーは、変更事項をフィンエアープラスのWebページを通じて会員に通知します。変更事項は、該当する通知が発行時に最新であれば、フィンエアープラスニュースや同様の発行物でも通知されます。フィンエアーは、フィンエアープラスプログラムのサービスについてお客様に常に最新の情報を提供できるように努めます。会員はフィンエアーのWebサイトまたはサービスセンターで最新情報を入手できます。会員は、フィンエアープラスカードの使用を継続することで、変更を承認したものと見なされます。変更を承認しない場合、会員はセクション5.4に従って退会する権利を有します。フィンエアーは、変更により発生した損失(ポイントの喪失、特典の喪失、特典の減少など)の責任を負わず、そうした損失をいかなる方法でも補償しません。

5.6
過去10年間、会員のアカウントに取引が登録されておらず、その結果として有効なフィンエアープラスポイントが残っていない場合、フィンエアーはお客様の個人情報と会員番号をフィンエアープラス会員登録名簿から削除し、お客様のフィンエアープラス会員資格を停止する権利を有します。
お客様はフィンエアープラス会員登録申込書に記入することで、フィンエアープラスプログラムに再度入会することができます。

6.1
フィンエアーは、フィンエアーがかかる損失を意図的に招いたり、重大な過失によって引き起こしたりした場合を除き、フィンエアープラスプログラムの会員資格や会員に関連する損失の責任を一切負いません。

6.2
プログラムの運営により発生した不明瞭なすべての問題は、フィンエアーと会員の間で友好的に解決するよう努力するものとします。フィンエアープラスプログラムには、フィンランドの法律が適用されます。あらゆる係争はフィンランドの下級裁判所で解決するものとします。

6.3
フィンエアープラスプログラムのサービスには、フィンエアーの多くのパートナー会社が参加しています。会員には、フィンエアープラス会員メールで配信されるフィンエアープラスプログラムに関する情報とともに、フィンエアーおよびパートナー会社が提供するマーケティング資料が提供される場合もあります。フィンエアーは、パートナー会社のマーケティング目的で、会員に関する個人情報をパートナー会社に提供する場合があります。フィンエアープラスのパートナー会社は、フィンエアープラス会員として登録されている方の情報を、自社のマーケティング目的で使用する場合があります。パートナー会社は会員情報を第三者に譲渡しません。会員は、フィンエアープラスサービスセンターに書面で通知することで、フィンエアーパートナー会社に対する個人情報の譲渡を禁止する権利を有します。フィンエアーからマーケティングメールを受け取らない選択をされたお客様には、アカウントおよび会員資格に関する取引メール(毎月の獲得ポイント数に関するメールなど)だけをお送りいたします。このようなメールの配信を停止することはできません。

6.4
雇用主払いの出張により獲得したポイントを使用する場合は、雇用主の指示、および特典利用時に順守すべき税法を含む適用法に従うものとします。一部の国では、州および公共部門の従業員に適用される特定の法律があるため、このような法律が適用される場合は、各法律を確認なさることをお勧めします。一部の特典については、税務上の影響をもたらす可能性があります(付加給付税など)。税務上の影響をご確認いただくにあたっては、会計士または税務アドバイザーに相談なさることをお勧めします。フィンランドのお客様は、以下のWebサイトからも詳細をご覧いただけます。フィンランド国税庁(Finnish Tax Administration):www.vero.fi.

6.5
フィンエアーはこれらの規約における誤植について責任を負いません。フィンエアーは規約を変更する権利を有します。

次のページに移動:フィンエアープラス規約