フィンエアープラス規約 | フィンエアー

フィンエアープラス規約

フィンエアープラス規約

フィンエアープラス規約の詳細をご確認ください。

フィンエアープラス

1 総則

1.1
Finnair Oyj(以下「フィンエアー」)は、フィンエアープラスプログラムに関するあらゆる規約を変更および解釈する権利を有します。フィンエアーが行う決定は各個の事例について拘束力のあるものとします。フィンエアーはパートナー会社の商品やサービスに対するクレームについて責任を負いません。各会社は自社の商品やサービスについてそれぞれ責任を負います。

1.2
フィンエアーは、特別割引というサービスの特性上必然的に特定の会員にのみ特定の特典を付与する決定権を行使する権利を有します。従って、フィンエアーはそうした特典をすべての会員に付与する義務を負いません。特定の会員レベルのフィンエアープラスカード所有者または特定の地域在住のフィンエアープラスカード所有者にのみ特定の特典を付与することができます。

2. 会員資格および会員カード

2.1
フィンエアープラスの会費は無料です。フィンエアープラスは個人の方を対象にしており、2歳以上の方ならどなたでもお申し込みいただけます。2歳から17歳までの方にはFinnair Plus Juniorプログラムに入会していただきます。18歳未満の方が会員になり、特典を引き換える場合は、親または保護者の同意が必要です。また、会員になる際にはご両親のご連絡先を提示いただく必要があります。保護者の方は、ジュニア会員のユーザー名、パスワード、ポイントの使用、フィンエアープラスプログラム会員規約の順守について責任を負うものとします。保護者の方は、フィンエアープラス会員でなければなりません。ジュニア会員が18歳になるとFinnair Plus Juniorの会員資格が終了します。お客様のフィンエアープラス会員カードは、ログイン時にフィンエアーのアプリに自動的に表示されます。

2.2
ボーナスプログラムに入会するには、フィンエアープラス入会申込書に記入および署名するか、またはインターネットからの入会時に規約と条件に同意する必要があります。1つの会員番号につき1名のみが会員として認められます。会員登録は、申告した住所に関係している人物の名前でフィンエアープラスポイントアカウントを開設することで行います。企業、組織、協会には入会資格はありません。フィンエアープラス会員は、フィンエアープラス入会申込書に署名するか、またはインターネット上で規約と条件に同意することによって、フィンエアープラス規約に同意します。フィンエアープラスカードを使用すること自体が、フィンエアープラス規約に対する同意の意思表示と見なされます。

2.3
会員資格とトラッキングピリオドは、お客様がフィンエアープラスのシステムに情報を登録した時点で開始されます。トラッキングピリオドは個人のお客様を対象としたものであり、期間は12か月です。フィンエアーのアプリに表示される会員番号が記されたフィンエアープラス会員カードは、新規会員のログイン時にご確認いただけます

2.4
フィンエアープラスカードは、チャージカードあるいはクレジットカードではありません。

2.5
会員は、ご連絡先を最新の状態に保つ必要があります。また、会員はプログラム規約の変更を把握する必要があります。

2.6
フィンエアープラス会員のアカウントの取引内容はすべて、Webサイトでアカウントにログインして、フィンエアープラスポイントステートメントで確認できます。ポイントステートメント内の獲得ポイント数には承認済みポイントが表示されます。フィンエアーはアカウントに不正に入力されたポイントを削除する権利を有します。

2.7
フィンエアープラスカードにはさまざまなレベルがあり、カードの保有者はカードによって異なる種類の特典を受ける資格を付与されます。トラッキングピリオド中に獲得したレベル別ポイント数とフライト数(そのうちの少なくとも4便はフィンエアーが運航するフライトである必要があります)で、レベルが決まります。レベルや特典に関する情報は、インターネットまたはフィンエアープラスサービスセンターから入手できます。フィンエアーは、フィンエアープラスのレベルシステムの変更(レベルシステムの廃止を含む)および異なるレベルのカードに付与される特典の内容を変更する権利を有しています。フィンエアーはまた、各レベルに必要なフィンエアープラスポイント数を変更する権利を有しています。ポイントをジュニア会員のアカウントに移行することはできません。すべてのポイント移行にサービス料が加算されます。オンラインでのポイントの移行は、フィンエアープラスアカウントを取得されて90日経過後に可能となります。それよりも前にポイントの移行をご希望の場合は、フィンエアーCustomer Careまでご連絡ください。一度に1つのボーナスプログラムのみでポイントを取得できます。別段の記載がない限り、ポイントはフィンエアープラスアカウントから他のボーナスプログラムに移行することも、他のボーナスプログラムからフィンエアープラスアカウントに移行することもできません。

3. ポイントの取得

3.1 総則
ポイントを取得するには、会員はフィンエアープラスパートナーのサービスの予約時に会員番号を通知し、チェックイン時またはサービス利用時に会員カードを提示する必要があります。

3.2
フィンエアープラスプログラムの基本単位はポイントです。定期便の場合は、1)到着地のエリアと航空券タイプ、2)出発地と到着地間の距離(km)と予約クラス、または3)プログラムに記載されている最小ポイント(最小ポイントは予約クラスにより異なります)のいずれかを基準としてポイントが付与されます。フィンランド発のフィンエアーチャーター便の場合は、別表の記載に従ってポイントが付与されます。定期の直行便および経由便のポイントは、航空券に記載されている出発地と到着地に基づいて付与されます。旅行中に機体が変更され、便名が変わる場合には、フライトの各区間に基づいてポイントが付与されます。その他のサービスについては、ポイント数は個別の契約内容に基づいて付与されます。フィンエアープラスポイントがアカウントに加算されるまで1~4週間程度かかります。
会員は、特典ポイントに加えて、レベル別ポイントと対象便も獲得できます。フィンエアーおよびその他のoneworldメンバー航空会社の定期便をご利用いただくと、レベル別ポイントが付与され、フィンエアープラスプログラムの会員レベルを上げることが容易になります。対象便は、レベル別ポイントが付与されたフライトに限られます。トラッキングピリオドの終了まで7日未満の場合、レベルの変更は新規のトラッキングピリオドの開始時に行われます。

3.3
フィンエアープラスポイントは会員資格の発効後に取得可能になります。付与されるポイントは個人を対象としたものであり、現金償還価値はありません。ポイント加算対象のフライトに搭乗する本人、またはポイント加算対象のフィンエアープラスパートナーのサービスを利用する本人にのみ、ポイントが付与されます。旅行またはサービスの代金を支払う人物であっても、本人が旅行またはサービスを利用しない限り、ポイントを取得する資格はありません。取得されたポイントはフィンエアープラス会員のアカウント間で移行することができます。ポイントの移行はフィンエアープラスオンラインサービスへログインして行うか、またはフィンエアープラスサービスセンターで行われます。ポイントをジュニア会員のアカウントに移行することはできません。ポイントの移行にはサービス料が加算されます。一度に1つのボーナスプログラムのみでポイントを取得できます。別段の記載がない限り、ポイントはフィンエアープラスアカウントから他のボーナスプログラムに移行することも、他のボーナスプログラムからフィンエアープラスアカウントに移行することもできません。

3.4
ポイントの有効期限は、最後にポイントのお取引(ポイントの獲得または使用)が行われた日から18か月間です。お取引の度に、すべての特典ポイントに18か月の有効期限が設定されます。18か月間ポイントのお取引が行われなかった場合、使用されていない特典ポイントは失効し、自動的にキャンセルされます。有効期限はインターネットにて会員のフィンエアープラスアカウントから確認できます。フィンエアーはポイントの有効期限を会員に個別にお知らせする義務を負いません。アカウント間のポイントの移行は、ポイントの有効期限には影響しません。

3.5
会員が他の特典システムで特典を受けるフライトまたはサービスについては、ポイント付与の対象外となります。無料航空券、契約航空券、特典航空券、バーター航空券、フィンエアープラスの現金とポイントを組み合わせて使用できる特典、旅行業界向割引航空券についても同様です。また、上記のフライトはフィンエアープラスのレベルの昇格には加算されません。座席を使用しない2歳未満のお子様の航空券はポイント付与の対象外となります。

3.6
過去にさかのぼってポイントを取得するには、以下の書類が必要です。

  • フライトの場合:航空券のコピーおよび搭乗券の半券。
  • Eチケットの場合:日程表/受領書。搭乗券の半券だけでは不十分です。
  • ホテルの場合:請求書のコピー。
  • レンタカーの場合:レンタカー契約書のコピー。
  • その他のサービス:請求書または受領書のコピー。
  • 6か月以上前の取引については過去にさかのぼって登録できません。注:パートナー会社によっては、取引後1~6か月間は過去にさかのぼってポイントを取得できます。

提出された書類は返却できませんのでご注意ください。

一部のパートナー会社は過去に遡ってポイントを付与しませんのでご注意ください。

3.7
フィンエアープラスプログラムの参加企業は、自社が提供するサービスについて一切のポイントを付与しない権利、または通常付与するポイントの一部のみを付与する権利を有します。一部のパートナー会社は、ポイントをまったく付与しません。この種の制限またはこれに関する変更の詳細な情報は、フィンエアーのWebサイトおよびフィンエアープラスサービスセンターで確認できます。

3.8 フライトによるポイントの取得
会員は入会後にフィンエアープラスポイントを取得できます。ただし、入会申込と同時に申請されたフィンエアー往復便(「航空会社(CARRIER)」欄に記載された航空会社コードがAYのもの)1件については、フライト日が入会申込日からさかのぼって6か月以内である場合に限り、過去にさかのぼってポイントの取得が可能です。こうしたポイントはフィンエアープラスの上位の会員レベルの取得には適用されません。

3.9
公示運賃が支払われたフィンエアー(AY)定期便はすべてポイント付与の対象となります。航空券の「航空会社(CARRIER)」欄にフィンエアーの航空会社コード(AY)が記載されている必要があります。フィンランド発のフィンエアーチャーター便については、専用の基準表に従ってポイントが付与されます。フィンエアーは、フィンエアープラスプログラムに含まれる定期便および運賃・航空券タイプをいかなる時点でも指定できる権利を有します。

3.10
航空券の「航空会社(CARRIER)」欄にパートナー航空会社の航空会社コードが記載されており、また使用される航空機がパートナー航空会社のものである場合に限り、パートナー航空会社のフライトもすべてポイント付与の対象になります。パートナー航空会社のフライトで付与されたポイントは、特に指定のない限り、フィンエアープラス会員レベル別ポイントには加算されません。

3.11
定期便については、ポイントは、エリアまたは搭乗クラスに従って別箇に規定された乗数に基づいて加算されます。付与されるポイント数は、予約クラスおよびお客様が支払う運賃または航空券タイプによって異なります。航空会社の都合によって予約/旅行クラスが変更になった場合には、付与されるポイント数は増減されません。フィンエアーは、予約クラスおよび運賃または航空券タイプに従って規定された乗数に基づいてポイントを付与する権利を有しています。詳細については弊社Webサイトのポイント表を参照してください。

3.12
技術的な理由による欠航または遅延(およびそれらを原因とする路線変更)が行われたフィンエアーのフライトも、会員が当該フライトの航空券(航空会社コードAYが記載されたもの)を所持しておりかつ座席を確保していた場合に限り、ポイント付与の対象となります。気象条件またはフィンエアーの制御の及ばない理由による欠航等、不可抗力の場合については、ポイント付与の対象外となります。また、不可抗力またはフィンエアーの制御の及ばない理由による路線変更についても、ポイント付与の対象外となります。フィンエアーのフライトが(不可抗力またはその他の理由で)遅延したことによって会員がパートナー航空会社運航のフライトに乗り遅れた場合も、当該パートナー航空会社のフライトはポイント付与の対象外となります。

3.13
フィンエアー以外の航空会社が運航するフライトの場合、技術的な理由による欠航または遅延(およびそれらを原因とする路線変更)が行われたフライトであっても、ポイント付与の対象外となります。不可抗力またはパートナー航空会社の制御の及ばない理由による遅延や欠航についても、ポイント付与の対象外となります。不可抗力またはパートナー航空会社の制御の及ばない理由による路線変更についても、ポイント付与の対象外となります。いかなる場合でも、これらのフライトで行われた変更(路線変更や欠航等)によって会員にフィンエアープラスポイントが付与されることはありません。

3.14
フライトに対するポイントは、使用した航空券に基づいてフィンエアープラスアカウントに登録されます。期限切れ、引き換え済み、未使用、キャンセル済みの航空券、または本ボーナスプログラムに参加していない航空会社に変更された航空券は、ポイント付与の対象外です。会員が予約時またはチェックイン時にフィンエアープラス会員番号を提示すれば、フライト後に、資格のある航空券に基づいてポイントが付与されます。会員番号は予約システムに入力されます。会員が予約時またはチェックイン時にフィンエアープラス会員番号を提示すれば、フライト後1~4週間以内にポイントが登録されます。フィンエアーチャーター便の場合、フィンランド国内でのチェックイン時にフィンエアープラス会員カードを提示する必要があります。

3.15 その他のパートナーのサービスによるポイントの取得
フィンエアーは、フィンエアープラスのWebサイトに記載のパートナーと、フィンエアープラスプログラムにおける提携に関して合意しました。ポイントの取得に関する情報はフィンエアープラスのWebサイトまたはフィンエアープラスサービスセンターで確認できます。フィンエアーはこれらの規約における誤植について責任を負いません。フィンエアーは規約を変更する権利を有します。ポイントや特典に関する提携合意が変更された場合、フィンエアープラス会員はポイントや特典の補償を要求することはできません。

3.16
レンタカーの場合、レンタカー会社が定める条件に従って、個別に合意されたポイント数がレンタカーサービスの利用ごとに付与されます。確実にポイントを取得するには、会員はレンタカーサービスの利用時にフィンエアープラスカードを提示する必要があります。セクション3.6に従い、6か月以内に締結されたレンタカー契約に限り、過去にさかのぼってポイントの取得が可能です。

3.17
パートナーホテルでは、個別に合意されたポイント数が宿泊または滞在ごとに付与されます。確実にポイントを取得するには、チェックイン時に会員カードを提示する必要があります。2人の会員で1つの客室を利用する場合、ポイントはいずれか1人にしか付与されません。ポイントは1泊または1回の滞在につき、1部屋に対して1度のみ付与されます。6か月以内に作成されたホテル請求書がある場合に限り、過去にさかのぼってポイントの取得が可能です。

3.18
フィンエアーのフライト中に、フィンエアーが別途定める条件でお買いもの(スナックやバーのご利用を除く)をした場合、会員がフィンエアープラスカードをお支払い時に提示するとポイントが付与されます。予約注文でもポイントを獲得できます。フィンエアープラス会員番号を注文フォームにご記入ください。ポイントを過去にさかのぼって獲得することはできません。

3.19
フィンエアーとその提携クレジット会社は、合意された方法によって、フィンエアープラスMasterCardおよびフィンエアープラスVisaによる支払いに対してフィンエアープラスポイントを付与します。商品とサービスの支払いにこれらのカードをチャージカードまたはクレジットカードとして使用すると、フィンエアープラスのポイントがカードの主たる保有者のアカウントに加算されます。現金の引き出し、クレジットアカウントを使用した請求支払い、アカウントの移行では、ポイントは付与されません。付与されたポイントは、会員のレベルポイント残高には加算されません。

3.20
その他の提携会社が提供するサービスについては、個別の同意に従ってフィンエアープラスポイントが付与されます。過去にさかのぼってのポイント付与についてはいくつかの制限が適用される場合があります。

4. 特典の引き換えおよび利用

4.1 総則
すべてのフィンエアープラスのフライト特典は、フィンエアープラスサービスセンターまたはフィンエアープラスサービスセンターが提供する窓口を通じて申し込みます。特典の引き換えは、フィンエアープラスポイントまたはポイントと現金の組み合わせでのみ可能です。特典の引き換えに必要なポイント数は、フィンエアーのWebサイトまたはフィンエアープラスサービスセンターで確認できます。一部の特典はオンラインのみの引き換えとなります。特典を予約すると、該当するポイント数がアカウントから差し引かれます。特典を現金に換算したり、重複する2つの特典を利用したりすることはできません。紛失または盗難された航空券や特典バウチャー、あるいは未使用の航空券や特典バウチャーの払い戻しや引き換えはできません。会員が特典の利用に必要なポイントを保有していない場合、フィンエアープラスサービスセンターは、特典を利用するお客様に対し、さかのぼって料金を請求する権利を有します。特典の料金は現在の通常料金に基づいて決定されます。また、サービス料も発生いたします。

4.2
特典は他の方にプレゼントすることができます。特典を譲渡する場合は、特典の予約時に譲渡する方のお名前をお知らせいただく必要があります。代理人によるアカウントの使用を許可される場合は、フィンエアープラスサービスセンターに書面による承認状を提出していただく必要があります。

4.3
フィンエアーおよびパートナー会社は、任意の時点で会員に付与する特典の種類をしかるべき方法で決定する権利を有します。フィンエアーおよびパートナー会社は、特典の数を制限し、特定の期間中特典の付与を停止する権利を有します。

4.4
特典の使用予定日の7日前までに特典を予約する必要があります。特典の使用予定日の360日前から予約できます。航空券を郵送する場合、フィンランド国内であれば最短7日、海外であれば最短10~30日で到着します。フィンエアーは特典使用日の6日前以降に行われた申し込みの受付を拒否する権利を有します。予約や購入に関する規定の詳細については、フィンエアープラスサービスセンターまでお問い合わせください。

4.5
会員には、空港税、旅客対象の徴収税、サービス料、フィンエアーまたは規制当局が定めたその他の費用を支払う義務があります。会員には、現行の法律に従って、特典に関連するあらゆる納税と同種の支払い(VATを含む)を行う義務があります。フィンエアーは、会員に対して発生する税金やその他の費用について一切責任を負いません。航空券の引き換え後に特典旅行をキャンセルした場合、税金の払い戻しは行われません。フィンエアーは、会員に対して生じる可能性のある税金や費用について一切責任を負いません。会員は自らの責任においてビザおよびその他の公的書類を取得する義務があります。

4.6
特典フライトやその他のフィンエアープラス特典の価値は、通常料金がかかるフライト、ホテルでの宿泊、またはその他のサービスと比較して判断することはできません。航空券の価格は、購入時期および購入場所、購入する航空券の種類によって異なります。これはその他の特典にも当てはまります。特典旅行の価値は、通常料金の航空券より提供数が少ないことや予約上の制約があることによっても制限されます。航空券の購入条件は別途記載されます。

4.7 特典のキャンセル
フィンエアーのいずれかのパートナー会社から付与された特典については、対象のパートナー会社のキャンセル条件、またはパッケージツアーの一般条件が適用されます。これらの条件では、特典をキャンセルした会員がキャンセルに伴い支払うべき料金と、会員が支払った特定の料金(空港税、旅客対象の徴収税など)がキャンセルに伴い会員に払い戻されるか否かを規定します。会員が特典を使用する前にキャンセルした場合、フィンエアーは、使用しなかった特典のために差し引かれたポイントをバウチャーやその他の同様の文書の形で返却します。有効期間が指定されているバウチャー(ホテルバウチャーなど)が提供された場合、フィンエアーはバウチャーが使用されなくてもポイントを返却しません。フライト特典については、セクション4.11と対象航空会社のキャンセル条件が適用されます。

4.8 フライト特典
フライト特典は、フィンエアーまたはフィンエアープラスパートナー会社の定期便に引き換えることができます。特典フライトの対象となる座席クラスのシート数には限りがあります。特典フライトは、特定の時間帯や路線ではご予約いただけません。フィンエアーおよびパートナー会社は、会員に付与するフライト特典をしかるべき数に制限する権利を有します。こうした制限に関する情報は、フィンエアーのWebサイトまたはフィンエアープラスサービスセンターで確認できます。会員には、ポイントによって任意の定期便の座席を確保する権利はありません。フライトが他の航空会社と共同で運航される場合、フィンエアープラスプログラムに参加している航空会社に割り当てられた座席からしか特典は付与されません。フライト特典の航空券は、別途指定されるフィンエアーオフィスでのみ引き換えることができます。フィンエアープラスポイントのフライト特典をフィンエアーチャーター便と引き換えることはできません。

4.9
特典フライトの全行程で座席を確定する必要があります。定期便に引き換えられた特典を、その他の料金タイプや割引料金と組み合わせることはできません。また、他の料金の一部の支払いに使用することはできません。例外については、セクション4.12を参照してください。

4.10
すべての特典フライトは往復便であり、出発地に戻る必要があります(片道特典フライトを除く)。往路の到着地とは異なる場所から出発地に戻ることも可能ですが(航空会社によって例外があります)、特典によって差し引かれるポイント数は、ポイント数が多い区間に基づいて計算します。旅行をストップオーバーによって中断することはできません。次に利用可能なフライトに乗り継ぐ必要があります。ただし、長距離便では1回のストップオーバーが可能です。往復の特典フライトを同じ日に予約することはできません。定期便の特典航空券は予約が完了した日から12か月間有効です。この期間内に復路便を必ず使用する必要があります。

4.11
未使用のフライト特典のポイント(フィンエアーおよびフィンエアープラスパートナーのフライト)は、航空券の引き換え前に旅行がキャンセルされ、遅くとも旅行の(平日の)前日までにフィンエアープラスサービスセンターにキャンセルの通知が行われた場合に、会員のアカウントに返還されます。旅行が航空券の引き換え後にキャンセルされた場合でも、旅行の開始前であれば、ポイントは未使用の航空券と引き換えにアカウントに返還されます。航空券1枚につき50ユーロまたは他の通貨で相当額のキャンセル料が発生します。税金、旅客運賃等の残りの金額は、返金されます。航空券の発券後に旅行の変更を行った場合、変更により発生する税金および旅客サービス料とともに、航空券1枚につき50ユーロまたは他の通貨での相当額の変更手数料が発生します。Classic特典をご利用の際には、搭乗者1名につき50ユーロの変更手数料で復路便を変更することができます。当初の復路便の1日前までに変更を行う必要があり、路線の変更はできません。変更は、フィンエアーが運航する特典フライトに対してのみ有効です。会員がフライトをキャンセルしなかった場合(ノーショー)、ポイントは返還されません。フィンエアーフライトの特典航空券は、航空券の発券対象の航空会社でのみ有効です。

4.12 フィンエアーフライトでのアップグレード特典
フィンエアーの定期便(航空券にAYコードが記載されているAY航空機によるフライト)でのみアップグレードが可能です。会員は、エコノミークラスの予約を確定し、フィンエアープラスサービスセンターが特典を付加可能な引き換え済みの航空券を所持している必要があります。アップグレード特典は、公示運賃で発行された航空券にのみ適用可能です。当初のエコノミークラス航空券の制限事項はアップグレードにかかわらず有効です。路線を変更する場合は、当初の航空券の予約クラスの規則が適用され、エコノミークラスでの旅行になります。座席数には限りがありますが、フライトの予約で支障がない限り、フィンエアーはしかるべき方法でフライトの37時間前までにアップグレードの確定に努めます。この時アップグレードが確定しなかった場合は、キャンセル待ちリストから削除され、1~4営業日以内にポイント/バウチャーが払い戻されます。アップグレード特典では、一度に1座席クラスのみアップグレードできます。アップグレード特典は、別途指定された特定のフィンエアーフライトでは使用できません。フィンエアーは、アップグレード特典に制限を設け、その制限にしかるべき変更を加える権利を有します。制限に関する情報は、フィンエアーのWebサイトおよびフィンエアープラスサービスセンターで確認できます。

4.13 その他の特典
特典のバウチャーはFinnair Shop(www.finnairshop.com)からオンラインで申し込む必要があります。特典の有効期間とその他の制限は会員にEメールで送付される文書に記載されます。プライオリティクラブ特典は使用予定日の4週間前に申し込む必要があります。

4.14
予約は、選択したパートナー会社の予約センターで会員自身が直接行います。予約時に、フィンエアープラス特典を利用することを伝える必要があります。特典を利用する際に特典バウチャーの原本を提示する必要があります。


4.15 レンタカー特典
各レンタカー会社が指定する条件に従って特典を利用できます。燃料、追加の保険、その他の費用はレンタカーを借りる会員自身が負担します。車両を借りた場所に車両を返却する必要があります。特典レンタルを利用する際は、年齢、運転免許証、支払能力の証明(国際クレジットカード)など、通常のレンタカーの条件を満たす必要があります。

4.16
バウチャーは実際に運転する人の名前で発行されます。レンタカーの契約書にもこの名前を記入する必要があります。バウチャーの内容は変更できません。ただし、フィンエアープラスサービスセンターまたは当該レンタカー会社による変更は例外となります。

4.17 ホテル宿泊特典
フィンエアープラスプログラムに参加しているホテルは、地域またはホテルごとに特典宿泊数を制限したり、1泊1部屋の宿泊に対して2枚以上の特典バウチャーを請求したり、特典の使用についてその他の条件や制限を設ける権利を有します。プライオリティクラブ特典では、独自の特典に対して必要ポイント数が設定されます。

5. フィンエアープラスプログラムの終了または変更、会員資格の終了

5.1
フィンエアーは、プログラム終了の少なくとも6か月前までに会員に書面で通知することで、いつでもフィンエアープラスプログラムを終了したり、別のプログラムに切り替えたりすることができます。ポイントは通知日から6か月間有効で、それ以降はすべてのポイントが無効になります。フィンエアーは未使用のポイントまたは特典を補償する義務を負いません。

5.2
フィンエアーは、会員資格を停止する6か月前に対象会員に通知することで、会員に確たる理由がなくても会員の会員資格をいつでも停止できる権利を有します。会員のポイントは通知日から6か月間有効で、それ以降はすべてのポイントが無効になります。フィンエアーは未使用のポイントまたは特典を補償する義務を負いません。

5.3
フィンエアーは、会員に十分な理由がある場合に会員の会員資格をいつでも停止できる権利を有します。さらに、この事例において、フィンエアーは事前通知なしで会員のポイントを無効にする権利を有します。上記の会員の十分な理由としては、本規約で明記している規則に対する違反、会員への特典として発行された航空券やバウチャーなどの文書の改ざん、改変、売却、他者への無断譲渡などがあります。

5.4
会員は、フィンエアーサービスセンターに書面で通知することで、いつでも退会できる権利を有します。フィンエアーは通知の受領後にポイントを無効にします。会員が死亡した場合、会員資格は失効します。

5.5
フィンエアーは、フィンエアープラスプログラム、フィンエアープラス規則、会員に付与される特典(パートナー会社の変更、ポイントの獲得、ポイントの蓄積、特典に必要なポイント数、フライト特典の付与とそれらに対する制限、特典の引き換え手順、ポイントの有効期限など)を自らの判断でいつでも変更できる権利を有します。かかる変更は、フィンエアーが特に指定しない限り、事前通知なしで直ちに有効になります。フィンエアーは、変更事項をフィンエアープラスのWebページを通じて会員に通知します。変更事項は、該当する通知が発行時に最新であれば、フィンエアープラスニュースや同様の発行物でも通知されます。フィンエアーは、フィンエアープラスプログラムのサービスについてお客様に常に最新の情報を提供できるように努めます。会員はフィンエアーのWebサイトまたはサービスセンターで最新情報を入手できます。会員は、フィンエアープラスカードの使用を継続することで、変更を承認したものと見なされます。変更を承認しない場合、会員はセクション5.4に従って退会する権利を有します。フィンエアーは、変更により発生した損失(ポイントの喪失、特典の喪失、特典の減少など)の責任を負わず、そうした損失をいかなる方法でも補償しません。

5.6
過去10年間、会員のアカウントに取引が登録されておらず、その結果として有効なフィンエアープラスポイントが残っていない場合、フィンエアーはお客様の個人情報と会員番号をフィンエアープラス会員登録名簿から削除し、お客様のフィンエアープラス会員資格を停止する権利を有します。
お客様はフィンエアープラス会員登録申込書に記入することで、フィンエアープラスプログラムに再度入会することができます。

6. その他の条件

6.1
フィンエアーは、フィンエアーがかかる損失を意図的に招いたり、重大な過失によって引き起こしたりした場合を除き、フィンエアープラスプログラムの会員資格や会員に関連する損失の責任を一切負いません。

6.2
プログラムの運営により発生した不明瞭なすべての問題は、フィンエアーと会員の間で友好的に解決するよう努力するものとします。フィンエアープラスプログラムには、フィンランドの法律が適用されます。あらゆる係争はフィンランドの下級裁判所で解決するものとします。

6.3
フィンエアープラスプログラムのサービスには、フィンエアーの多くのパートナー会社が参加しています。会員には、フィンエアープラス会員メールで配信されるフィンエアープラスプログラムに関する情報とともに、フィンエアーおよびパートナー会社が提供するマーケティング資料が提供される場合もあります。フィンエアーは、パートナー会社のマーケティング目的で、会員に関する個人情報をパートナー会社に提供する場合があります。フィンエアープラスのパートナー会社は、フィンエアープラス会員として登録されている方の情報を、自社のマーケティング目的で使用する場合があります。パートナー会社は会員情報を第三者に譲渡しません。会員は、フィンエアープラスサービスセンターに書面で通知することで、フィンエアーパートナー会社に対する個人情報の譲渡を禁止する権利を有します。フィンエアーからマーケティングメールを受け取らない選択をされたお客様には、アカウントおよび会員資格に関する取引メール(毎月の獲得ポイント数に関するメールなど)だけをお送りいたします。このようなメールの配信を停止することはできません。

6.4
雇用主払いの出張により獲得したポイントを使用する場合は、雇用主の指示、および特典利用時に順守すべき税法を含む適用法に従うものとします。一部の国では、州および公共部門の従業員に適用される特定の法律があるため、このような法律が適用される場合は、各法律を確認なさることをお勧めします。一部の特典については、税務上の影響をもたらす可能性があります(付加給付税など)。税務上の影響をご確認いただくにあたっては、会計士または税務アドバイザーに相談なさることをお勧めします。フィンランドのお客様は、以下のWebサイトからも詳細をご覧いただけます。フィンランド国税庁(Finnish Tax Administration):www.vero.fi.

6.5
フィンエアーはこれらの規約における誤植について責任を負いません。フィンエアーは規約を変更する権利を有します。

次のページに移動:フィンエアープラス規約