妊娠中のご旅行 | フィンエアー

妊娠中のご旅行

妊娠中の場合、次の制限付きでフィンエアーにご搭乗いただけます。

  • 単胎妊娠で、飛行時間が2時間を超える場合、36週目の終わり(35週間+6日)までご搭乗いただけます。
  • 単胎妊娠で、飛行時間が2時間以下の場合、38週目の終わり(37週間+6日)までご搭乗いただけます。
  • 多胎妊娠の場合、32週目の終わり(31週間+6日)までご搭乗いただけます。

飛行時間が6時間を超える場合は、妊娠33週目以降の場合に医師の診断書を提出する必要があります。それ以外の場合は、妊娠が順調であることの証明として、担当医または助産師からの手紙または陳述書を携行することをお勧めします。

妊娠に特別な事情がある場合は、医療情報フォーム(MEDIF)を提出する必要があります。

担当医または助産師*からの手紙または陳述書は、以下を確認するものとします。

  • 妊娠が単胎妊娠か多胎妊娠か
  • 予定日(EDD)はいつか
  • 妊娠に伴う合併症がないこと

手紙は旅行日にできるだけ近い日付で、旅行中に医療行為を必要としない限り、旅行全体(往路と復路)をカバーする必要があります。

*)フィンランド、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンでは、助産師が署名した診断書も有効です。

医師の診断書の提出方法 

妊娠32週目以降に長距離便(飛行時間6時間以上)に搭乗される場合は、スペシャルアシスタンス書式にご記入の上、妊娠が順調であることを証明する医師の診断書を提出する必要があります。フィンランド、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンでは、助産師が署名した診断書も有効です。

書式に必要事項を記入し、医師の診断書とともに、ご出発の72時間前までにお送りください。 

上記の書式および診断書が確認できない場合、機内へのご搭乗をお断りすることになります。

証明書をダウンロード「スペシャルアシスタンス書式」の記入

安全で快適な空の旅のためのヒント 

  • 安全ベルトを常に着用してください。安全ベルトは、機内で突然生じる大きな揺れから、妊婦とおなかの中の赤ちゃんを守ります。 
  • 安全ベルトを腹部の下、寛骨のところで締めてください。 
  • 可能であれば通路側の座席を予約してください。通路側のほうが、立ち上がったり、座りながら脚を伸ばしたりしやすいためです。 

新生児を同伴するフライト 

フィンランド航空のすべてのフライトで、健康な新生児を同伴してご旅行いただけます。ただし、生後2日以上のお子様に限ります。 

お子様連れの旅行に関する詳細 フィンエアーのプライバシーポリシーを見る
次のページに移動:妊娠中のご旅行