2045年までにカーボンニュートラルなフライトを実現 | フィンエアー

「カーボンゼロ」を目指して

サステナブルな未来を可能にするためには、多くの人々や企業による協力が必要です。有言実行のために、フィンエアーは2045年にカーボンニュートラルに移行することをを公約しています。長期的な目標に向けて取り組む中で、2025年にはすでに排出量を半分に削減できると考えています。

目標を達成するために、いくつかの施策を実行します。フィンエアーにとって鍵となるのは、排出量を削減するために直行の短距離ルートで効率的な航空機を運航し、より燃料効率の高いフライト計画とフライトに投資することです。機体重量が燃費とCO2排気量に影響を与えることから、航空機の重量を減らす取り組みも重要です。また、フィンランドでのバイオ燃料生産の促進と発展を可能にするために、パートナーと連携して持続可能な航空燃料の使用を増やしています。最後に、フィンエアーは航空事業で発生する使い捨てプラスチックや食料の廃棄量削減など、循環型経済と資材管理に投資しています。

フィンエアーは、脱炭素化を実現する方法の一つとして、カーボンオフセット制も導入する予定です。最新機材を使用する航空会社を選ぶことや、最短ルートを飛行するフライトをご利用いただくこと、旅行に際して機内に持ち込むお荷物を1kg減らすことなどにより、環境の保護に大きく貢献していただけます。

Finnair_A350_detail_engine
次のページに移動:カーボンニュートラル