補助犬をお連れになるお客様のご搭乗 | フィンエアー

補助犬をお連れになるお客様のご搭乗

盲導犬、聴導犬、介助犬は、フィンエアーの全便の機内に無料で同伴できます。米国発着便では、エモーショナルサポート犬もお客様とご一緒に搭乗できます。

補助犬および介助犬

機内では、お客様の足元のスペースを補助犬の居場所として使用します。シートベルト着用サインの点灯中は、お客様の前の座席の下に犬を移動させてください。機内に犬のための十分なスペースがあるかどうかご不明な場合は、フィンエアーのカスタマーサービスに詳細をお問い合わせください。

補助犬および介助犬をお連れになるお客様は、特別なサポートのリクエストフォームを利用するか、カスタマーサービスを通じて、ご搭乗便の48時間前までにお知らせください。その際、犬種や大きさなど、同伴の犬に関する詳しい情報をお伺いします。そのうえで、機内に犬をお連れになれることを確認しますので、安心して旅行に出発することができます。

補助犬と一緒に搭乗するための準備をする際は、こちらのチェックリストを参考にしてください。

  • スムーズに出発し、目的地に到着できるよう、同伴の犬が、出発・到着双方の国/地域で求められる衛生上のすべての要件に従っていることを確認してください。
  • 飛行機での移動は動物にとって刺激的な体験となりうるため、犬が旅行に慣れていて、道中の環境の変化に適応できることを確認しておくとよいでしょう。
  • 犬が勤務中であることが周囲に分かるように、ハーネスやそれに類するものを犬に着用させることをお勧めします。

エモーショナルサポート犬

米国発着のフライトには、エモーショナルサポート犬をお連れになることができます。

エモーショナルサポート犬を同伴するには、必要書類をご用意のうえ、ご出発の48時間前までにその旨をお申し出くださいますようお願いします。

以下の内容が記載された精神医学または精神衛生の公認専門家からの書類をご提出ください。

  • お客様が、『精神疾患の診断・統計マニュアル』(DSM)で認められている精神疾患または情緒疾患をお持ちであること
  • 航空機での移動や目的地での活動のために、お客様にはエモーショナルサポートアニマルの同伴が必要であること
  • 有資格の精神医療専門家による診断が行われ、その医師の下でお客様が専門的な治療を受けていること

書類は、お客様の最初のご搭乗予定日の前1年以内に発行されたものが必要です。専門家免許の発行日、種類、免許を発行した管轄区または州の記載も必要です。

さらに、犬がエモーショナルサポートアニマルとして活動するための訓練を個別に受けていることを証明していただきます。

安全上の理由から、極度に大きな犬、機内サービスに大きな支障を及ぼす犬、他のお客様の健康や安全を脅かす犬を客室にお連れになることはできません。

これらの基準を満たしていない犬は、一般のペット扱いで輸送することになります

次のページに移動:補助犬をお連れになるお客様のご搭乗