お子様連れの旅に役立つヒント

ご家族での旅はとても楽しいものですが、旅行を計画する際に覚えておくべきポイントが多数あります。これらのヒントがご旅行の準備に役立つことを願っております。その他のご質問と回答はFAQのセクションにてご覧いただけます。

旅行の準備

  • 座席の予約

    フィンエアーでは常に、お子様がどちらかのご両親の隣にお座りいただくようにいたします。ただし、ご家族全員が並びの座席となる保証はございません。ご家族全員が隣同士の座席となることを希望される場合は、事前にお座席を選択してご購入いただくことをお勧めします。2歳未満のお子様用に別の座席を用意したい場合は、Customer Careを通じて乳幼児用航空券をご予約いただけます。

  • 渡航書類

    すべてのお子様にはパスポートとその他の旅行関連書類が必要です。旅行に必要な書類は渡航先の国によって異なります。お子様が1人で旅行する場合、または同伴する親または保護者が1人のみの場合、一部の国では親または保護者の旅行同意書が必要になることがあります。

    渡航書類に関する詳細を読む
    同意書の例を見る
  • 機内食の予約注文

    長距離便をご利用のすべてのお客様は、機内食を無料でお召し上がりいただけます。お子様向け機内食はビジネスクラスとエコノミークラスの両方でご利用いただけます。2歳以上のお子様向けのお食事は、フライトのご予約時、またはご予約後にCustomer Careにご連絡いただくことでご注文いただけます。

    ヘルシンキ発の長距離便では1回目の無料機内食をアップグレードできます。お子様のお好きなお食事を選んで、予約注文セクションよりご購入ください。

    ヨーロッパ内のフライトでは、食欲をそそる機内食を予約注文して、ご家族での空の旅をご満喫いただけます。エコノミークラスのメニューにもお子様向け機内食をご用意しています。

    詳細を確認する

  • 機内持込手荷物

    航空券をお持ちのお子様の手荷物許容量は、同じ座席クラスの大人と同じです。ただし、座席の予約がないお子様には、折りたたみ式ベビーカーとチャイルドシート以外の機内持込手荷物許容量は設定されていません。全旅程で必要な量の乳児用ミルクと離乳食も機内に持ち込むことができます。

    機内持込手荷物に関する詳細

  • 受託手荷物

    航空券をお持ちのお子様の手荷物許容量は、同じ座席クラスの大人と同じです。乳幼児のお客様は、重量23kg(50lb)までの手荷物1個をお持ち込みいただけます(Economy Lightの航空券には受託手荷物は含まれていません)。さらに、この手荷物許容量には、折りたたみ式のベビーカーおよびチャイルドシートが含まれます。航空券のタイプがEconomy Lightの場合、お子様(乳幼児を含む)のお客様の手荷物許容量は設定されておりません。折りたたみ式のべビーカーおよびチャイルドシートはお持ち込みいただけます(無料)。

    手荷物に関する詳細
  • ベビーカー

    折りたたみ式ベビーカーは、機内持込手荷物の寸法および重量制限内である場合、機内にお持ちいただけます。その場合、ベビーカーは機内持込手荷物1個とみなし、このほかに、お客様の前の座席下に収納できるサイズの小さい身の回り品1個(ハンドバッグや小型のラップトップコンピュータ収納バッグ)を機内にお持ち込みいただけます。

    大きな折りたたみ式ベビーカーはすべて、無料の受託手荷物として取り扱います。ベビーカーが分解可能な場合は、2つに分解してそれぞれをビニール袋に収納するか、その他の保護手段で包装してください。ヘルシンキ空港のチェックインデスクでは、ベビーカーを保護するためのビニール袋をご用意しています。

  • 超過手荷物

    ご家族でのご旅行で追加の手荷物を持ち込む必要がある場合は、

    事前に超過手荷物の料金をお支払いいただけます。
  • お子様が楽しめるものを持ち込む

    飛行機に乗ることが多くの小さなお子様にとってワクワクする体験である一方、座席にじっと座っているのは簡単ではありません。機内持込手荷物にはお子様が楽しめるものを入れておくことをお勧めします。

    マイレージ会員のお客様からのヒントをチェック
  • 1人で旅行されるお子様

    12歳以上のお子様は1人でご旅行いただけます。12歳未満のお子様には同伴者が必要です。1人でご旅行のお子様にはエスコートサービスもご用意しております。

    詳細をご覧ください
  • 事前のチェックイン

    ご自宅で事前にチェックインを済ませておくことで、旅行をスムーズに始めることができます。finnair.comまたはフィンエアーのアプリを利用した事前のオンラインチェックインは、フライト出発時刻の36時間前からご利用いただけます。

    こちらからチェックイン

空港へのアクセス

空港にて

  • チェックイン

    ヘルシンキ空港にある特別なお手伝いを必要とされるお客様のためのチェックインデスクをぜひご利用ください。空港では自動チェックイン発券機もご利用いただけます。

    チェックインの詳細について確認する
  • セキュリティチェック

    空港ではご家族全員がセキュリティチェックを通過する必要があり、ぬいぐるみやその他のおもちゃもセキュリティチェックの対象となります。この点についてお子様に事前にお知らせいただくことをお勧めします。ベビーフード はセキュリティチェックを通過する必要があります。検査のため、フードは必ず機内持込手荷物から取り出して、検査員に提示してください。ヘルシンキ空港のターミナル2には、ご家族用のセキュリティチェックレーンが別に用意されています。

  • ラウンジ

    ヘルシンキ空港では、シェンゲン協定加盟国側とシェンゲン協定非加盟国側の両方にラウンジがあり(渡航先の国に応じて利用)、各ラウンジにご家族とお子様のために特別に設計されたスペースが用意されています。すべてのフィンエアーのビジネスクラスのお客様とフィンエアープラスのプラチナLumo/プラチナ/ゴールド会員のお客様、およびoneworldのエメラルドおよびサファイア会員のお客様は、フィンエアーラウンジを無料でご利用いただけます。その他のお客様は、オフピーク時間に有料でご利用いただけます。

    詳細を確認する
  • ご家族向けの空港サービス

    多くの空港ではお子様とご家族のための特別サービスを提供しています。ヘルシンキ空港では、お子様用の遊び場や、乳幼児をお連れのご家族のためにおむつ交換台を備えた独立したトイレなどを完備しています。特別サービスは各空港のWebサイトにてご確認いただけます。

  • 搭乗

    搭乗開始の少し前に出発ゲートにお越しいただくことをお勧めします。小さなお子様をお連れのご家族は、多くの場合、ファーストクラスのお客様と一緒にご搭乗いただけます。ゲートではご家族全員が搭乗券を提示する必要があります。搭乗にはボーディングブリッジまたはバスを利用します。

フライト中に

  • ベビーフード

    乳幼児をお連れの場合は、ベビーフードを機内に持ち込むことをお勧めします。すべての長距離便で若干のベビーフードをご用意していますが、個数には限りがあります。ミルクおよびベビーフードは、元の包装のまま未開封であれば機内までお持ち込みが可能です。

  • ベビーカー

    折りたたみ式ベビーカーは、機内持込手荷物の寸法および重量制限を超えていない場合に限り、機内にお持ち込みいただけます。大きな折りたたみ式ベビーカーはすべて、無料の受託手荷物として取り扱います。ほとんどの空港では、チェックインエリアからゲートまでの移動用にベビーカーを貸し出しています。

  • チャイルドシートのお持ち込み

    座席をご予約いただいている7歳未満のお子様をお連れのお客様は、年齢に適した幼児用の座席またはカーシートをご利用いただけます。

    お手持ちのチャイルドシートが「航空機での使用」向けに承認されているかをご確認ください。チャイルドシートにはラベル/表示があり、製造者による航空機座席での装着方法を含む情報が記載されています。自家用車での装着方法と異なる場合があります。客室乗務員が正しい装着方法を確認いたしますので、製造者による使用説明書をお持ちください。

    フィンエアーでは、お客様のチャイルドシートが航空機の座席で使用できるかどうかの保証はしておりません。ワイドボディー機の場合、ほとんどのビジネスクラス座席にはシードベルトにエアバッグが内蔵されているため、チャイルドシートはご使用いただけません。お手持ちのチャイルドシートが座席に合わない場合、または安全に固定できない場合は頭上の荷物入れか航空機の貨物室にてお預かりいたします。

    チャイルドシートのご使用時は、窓側の座席をお勧めしております。その他の座席をご希望の場合は、通路への移動を妨げない場合にご利用いただけます。

    ご使用の幼児用の座席またはカーシートは、承認済みである必要があります。以下のいずれかに該当し、交通機関での使用が承認されていることが必要です。

    • 幼児用航空機安全装置(ACSD)の欧州技術規格規則(European Technical Standard Order)ETSO-C100cに準拠し、航空機での使用が承認済みのチャイルドシート。
    • 型式証明(Type Certificate)または追加型式証明(Supplemental Type Certificate)を介してEASAにより承認済みのチャイルドシート。
    • 技術規格に基づき自動車での使用を承認されたチャイルドシート:
      • それぞれ「ECE R」ラベルの貼られた、国連標準のECE R44-04(または03)あるいはECE R129。 また、技術規格に基づき航空機での使用を承認されたチャイルドシートであることが必要です:
      • ドイツの「Qualification Procedure for Child Restraint Systems for Use in Aircraft」(TÜV/958-01/2001)による「航空機内での使用(For Use in Aircraft)」ラベルの貼られたチャイルドシート
        1. または
      • 所轄官庁が承認するその他の技術規格で、航空機での使用を認める証明の表示されたチャイルドシート。
    • カナダのCMVSS 213/213.1により自動車内および航空機内での使用が承認されたチャイルドシートで、それぞれのラベルの貼られたチャイルドシート。
    • US FMVSS No 213により自動車内および航空機内での使用が承認され、下記の2つの文言が示される1つまたは2つのラベルの貼られたチャイルドシート:
      • 「THIS CHILD RESTRAINT SYSTEM CONFORMS TO ALL APPLICABLE FEDERAL MOTOR VEHICLE SAFETY STANDARDS」
        1. および
      • 赤字で「THIS RESTRAINT IS CERTIFIED FOR USE IN MOTOR VEHICLES AND AIRCRAFT」
    • オーストラリア/ニュージーランドの技術規格AS/NZS 1754:2013により自動車内および航空機内での使用が承認され、緑色の部分に「For Use in Aircraft」の表示のあるラベルの貼られたチャイルドシート。
    • 上記記載のものと同等のその他技術規格に沿って製造、試験されたチャイルドシート。当該のチャイルドシートには、承認機関名と関連資格に対する特定の認証番号が表示されている必要があります。承認機関は、所管官庁として認められうる適格性と独立性を持った組織であることが必要です。
  • ベビーバスケット、折り畳み式ベッド、新生児用かご型ベッド

    フィンエアーでは、すべての長距離便でベビーバスケットをご用意しています。ベビーバスケットをご利用になる場合は、[予約の管理]から折り畳み式ベッド/新生児用かご型ベッド利用座席をご予約ください。旅行代理店から航空券またはホリデーパッケージを購入された場合は、こちらから座席を購入していただけます。なお、座席指定は有料です。

    機内にご搭乗後、客室乗務員がベビーバスケットをお渡しし、設置するお手伝いをいたします。

    2歳未満のお子様の場合は、子供用のシートベルトを締めて、シートベルトを締めた大人の膝の上にお乗せいただくか、航空機の座席に固定されたチャイルドシートにお乗せいただくことができます。このことは、特に、離着陸時や平常運航には見られない問題(乱気流による揺れなど)が発生した場合に重要です。 ベビーバスケットの内側の長さは70cm(27.5in)で、体重9kg(20lb)未満の乳幼児が使用できます。推奨年齢は、月齢6か月以下です。

  • 機内エンターテインメント

    長距離便では、年齢層に応じて選択できる家族向けの機内エンターテインメントサービスを提供しています。お子様が機内で楽しめるものをお持ちいただくことをお勧めします。

    マイレージ会員のお客様からのヒントをチェックしていただけます
  • 旅行の快適さ

    旅行がより快適なものとなるよう、機内にブランケットと枕をご用意しております。客室乗務員が喜んでお手伝いします。

フライト予約
You don't have enough points on your account to pay for these services.
検索に対しお勧めできるものが見つかりませんでした。
データ送信中にエラーが発生しました。しばらくたってから再度お試しください。
チェックイン
予約の管理