©Wien Tourismus

フィンエアー&ウィーン市観光局共同企画

フィンエアーでウィーンに飛んで、ウィーン・カードをもらおう

フィンエアーとウィーン市観光局共同企画によるキャンペーンを実施中!フィンエアー公式サイトのオンライン予約にて、ウィーン行き航空券をご購入の方の中から抽選で毎月25名様に、ウィーン観光に非常に便利なオフィシャル・シティカード「ウィーン・カード」をプレゼントいたします。

©Wien Tourismus

©Wien Tourismus

ウィーンに飛び立とう
文化とやみつきになるチョコレートの街の楽しみ方

ウィーンは文化とチョコレートを愛する人にとっては天国のような都市です。ハプスブルク家の王宮であるホーフブルク、ベルヴェデーレ、シェーンブルンの豪華さには、だれもが圧倒されるのではないでしょうか。ウィーン美術史美術館、クンストハウス・ヴィーン、レオポルト美術館など、ヨーロッパを代表する美術館が数多くあります。美術館地区で美術館巡りをしていると、1日があっというまに過ぎてしまいます。

ヨーロッパのカフェ文化は、ウィーンのアールヌーヴォー様式のコーヒーハウスから始まりました。19世紀、粋な丸天井の下には作家や哲学者が集いました。カフェ・ザッハーが生んだ高名なチョコレートケーキ、ザッハートルテのレシピは、何世紀もの間、秘密が守られています。モーツァルト、ベートーベン、シュトラウス一家の活動の本拠地であったウィーンは、クラシック音楽の本場です。3つのオペラハウス、2つの有名なコンサートホール(ムジーク・フェアアインとコンツェルトハウス)があり、クラシックファンを集めています。

フィンエアーは、日本-ヨーロッパ間を最短最速で結びます

現在、日本からウィーンには直航便がないため、フィンエアーのヘルシンキ経由が最短最速。

ヘルシンキでの乗り継ぎ時間を含めても、約14時間30分でウィーンに到着できるんです。

今なら、ウィーン市観光局とのキャンペーンも実施中。

フィンエアーで、魅惑の都市ウィーンを堪能しに行きませんか?

フィンエアーでウィーンに飛んで
ウィーン・カードをもらおう!
各回、抽選で25名様にプレゼント。

開催期間2016年10月21日 金 2017年2月7日

フィンエアー公式サイトのオンライン予約にて、日本発ウィーン行き航空券をご購入の方は、抽選で毎月25名様に、ウィーン観光に便利なオフィシャルシティ・カード「ウィーン・カード」をプレゼント!※日本出発が2016年11月15日から2017年3月14日の方が対象となります。

■第一弾 2016年10月21日〜2016年11月9日
対象:2016年11月15〜2016年12月14日の間にご出発のお客様
■第二弾 2016年11月10日〜2016年12月8日
対象:2016年12月15〜2017年1月14日の間にご出発のお客様
■第三弾 2016年12月9日〜2017年1月8日
対象:2017年1月15〜2017年2月14日の間にご出発のお客様
■第四弾 2017年1月9日〜2017年2月7日
対象:2017年2月15〜2017年3月14日の間にご出発のお客様

ウィーン・カードとは?

美術館、博物館など主要観光名所をはじめ劇場、カフェ、レストラン、ショップなどで割引、プレゼントなど210以上の特典を受けられます。地下鉄、市バス、市電が乗り放題(24時間、48時間、72時間)

©Wien Tourismus

現地発!ウィーンのプロが教える、おすすめスポット

ウィーンのカール広場とマルガレーテン広場の間に位置し、この数年間に、若い人たちに人気の地域として発展しているフライハウス地区。ウィーン市観光局のユリア・ヤコウベックさんが、オススメなお店やスポットをご紹介いたします。

スタイリッシュなレストラン

ウィーンっ子の台所と言われる市場ナッシュマルクトにも近いこの地域でも、いくつか美味しいお店があります。まずは一日の始まりをシュライフミュール通り SchleifmühlgasseにあるThe Breakfast Clubでの朝食からどうぞ。もしくは向かいにあるCafé Anzengruberにて。Gasthaus WildやUblでは秀逸なウィーン料理が味わえます。少し異色なコンセプトなのはZweitbester。ここは内装が非常にシンプルで洒落っ気がないのに、なんだか居心地が良いのです。そして時々コンサートが行われるGemeinschaftskloでは多くの人が目を丸くしています。インターナショナルな料理のメニューはそれほど多くはありませんが、旬や産地にこだわった食材に手をかけて調理されています。

CaféAnzengruper

©WienTourismus / DavidAuner

GasthausUbl

©WienTourismus / DavidAuner

Zweitbester

©WienTourismus / DavidAuner

クールなバー

Schikanederには単なるバーというより確固たる存在感があります。ここでは美味しい飲み物と音楽に出会えます。Orangeはバー、カフェハウス、料理店が融合したような店で、高品質の自家製レモネードが味わえます。遅い時間に行くならTransporter Bar、ここはアングラ・エレクトロニック・ミュージックの宝庫です。

Schikaneder

©WienTourismus / DavidAuner

Transporter Bar

©WienTourismus / DavidAuner

エンドレスなショッピングの愉しみ

私はGabarageの大ファンです。ここはファンシーなアクセサリーやジャンクな物のアップサイクリング・ショップで、クリエイティヴなリユース品を探せます。Feine Dingeは高級なインテリア・デザインで知られています。またFreitag Shopにはノルディック・デザインのアパレルが見つかります。

Gabarage

©WienTourismus

現代アート

シュライフミュール通り Schleifmühlgasseにはギャラリーがひしめき合っています。気軽に中に入り、何があるのかチェックしてみましょう。

外でゆっくり寛ぐなら

カールス広場では暖かい季節はいつも何かが起こっています。ポップ・フェスティバルや大道芸人、ストリート・パフォーマーのフェスティバルなど、オープンエアーで開かれるものが多く、屋外で上映される映画など、カール教会を背景にした夢のような場所でリラックスできます。

Popfest

©WienTourismus / SimonBrugner

フライト予約
チェックイン
予約の管理