ストックホルム行きフライトを予約 | フィンエアー

到着地
ストックホルム

フィンエアーのベスト運賃*
往復
¥209,000
*東京を出発地とする場合

さあ、旅に出よう

トラベルガイド – ストックホルム

ショッピング、文化、エンターテインメントが歴史と混ざり合っているストックホルムへようこそ。スウェーデンの首都はまた、多くの橋、島、水路があるため、愛情を込めて北のベニスとも呼ばれています。美しい群島で有名なこの街では、旅行者はゆったりした時間を過ごすことができます。ストックホルムはスカンジナビア最大の都市ですが、徒歩や公共交通機関で容易に街中を移動できます。

ガムラスタン– 旧市街。ショッピングやお土産、レストランがたくさんある保存状態の良い中世の街です。

ストックホルム王宮 – スウェーデンの君主の公邸。その他の有名な城や建物としては、ドロットニングホルム宮殿キナ宮殿ローゼンダル宮殿、さらにストックホルムのスカイラインの良く知られたシルエットであるストックホルム市庁舎などがあります。

ヴァーサ美術館 – 333年間水没後に引き上げられた17世紀の保存状態の良い軍艦ヴァーサを展示しています。近代美術館歴史博物館ノーベル博物館も訪れる価値があります。音楽好きの方には、人気のABBA博物館をお勧めします。

ユールゴールデンの中央島にあるスカンセン、北欧地方の動物で一杯の動物園を含む野外博物館。

ユニバッゲン – 世界的に有名な子供向けの本に基づいくおとぎ話のプレイハウスで、アストリッド・リンドグレーンの童話の世界を訪れることができます。

グルーナ・ルンド – アトラクションや乗り物でいっぱいの大きな遊園地。

ソーデルマルム – 地元の雰囲気とトレンディな雰囲気のある心地よい地区。ソーデルマルムには、ビンテージやスウェーデンのファッションを扱う小さな店がたくさんあります。

街の景色を眺めるなら、グローベン(球形のアリーナビル)を訪れ、ゴンドラに乗って頂上まで行くのがお勧めです。カクナーストルネットは、高さ155mのストックホルムで一番高いビルで、スカイバーもあります。

ストックホルム群島 – ボートで行くことができます。3つのフェリー会社が群島に運航し、多くのボートはストックホルム中心部から出発します。

シグトゥーナ – スウェーデン最古の町は、アーランダからまで車でわずか15分です。ストックホルムからシグトゥーナへは、まず電車でマーシュタまで行き、次に地元のバスでマルシュータからからシグトゥーナに向かいます。

ウプサラは、博物館、大聖堂、城が自慢のもう1つの歴史的に重要な都市です。この地域には、バイキング時代の遺跡が数多くあります。ストックホルムからウプサラまでは、電車で約45分かかります。

ストックホルムには、地元の工芸品、デザインアイテム、食べ物、ファッションなど、さまざまなショップがあります。市中心部にはモールやショップがあり、郊外には大型の商業公園があります。

ドロットニングガタンは、ストックホルムの主要なショッピングストリートで、大型のデパートや主要な衣料品店が軒を連ねています。すべて若くトレンディな人向けです。ノルマルムセルゲルトーグクングストラドガルデンの周辺には、衣服の品揃えの豊富な店も数多くあります。

ホートーグシャレン– 世界中の食べ物や珍味を楽しめる素晴らしいマーケットホール。レストラン、カフェ、コーヒーバーもたくさんあります。

NK – ノーディスカ・コンパニー – 1902年に設立された高級デパートで、ジュエリーからインテリアデザインまであらゆるものが揃っています。

スカンジナビアのモール – 2015年11月にオープンした、ソルナ・アレナスタデンの真新しいショッピングモールで、220以上の店舗を擁するスカンジナビア最大のショッピングモールの1つです。

オーレンズは、想像できるあらゆるものがある伝統的なワンストップデパートです。ドロットニングガタンとハマーンガタンの交差点にあるこの店は、平日の午後9時まで営業しています。

デザインハウスストックホルムは、スウェーデンのモダンなインテリアデザインを提供しています。スヴェンスクトテンは、スウェーデンのインテリア家具でよく知られています。

毎年2月には、市が北欧の現代的なデザインに焦点を当てて、ストックホルムデザインウィークストックホルム家具&ライトフェアも主催します。

IKEA – 中央駅のすぐ外にあるバサガタン16から無料シャトルバスを利用して、人気の家具とインテリアの巨人を訪ねてください。バスは30分おきに出発します。

スウェーデン料理は世界中の料理の影響を受けており、ストックホルムにはあらゆる好みに合うレストランがあります。地元の食材を使った伝統的な日常のスウェーデン料理、いわゆるフスマンスコストは、現代的なフュージョン料理と並んで見ることができます。次のおいしい食事をすぐそこで体験できます!

ケットブラー – ひき肉、パン粉、玉ねぎのみじん切り、卵を小さなボールに丸めたもの

スモーガストルタ – さまざまな材料で作ることができるサンドイッチケーキ

スモーガスボード – パンとバターを添えた温かい料理と冷たい料理の両方を含むスウェーデンの伝統的なビュッフェ

ポタティス(じゃがいも) – 多くの場合、茹でられ、一般的な付け合わせとして出されます

クネッケブロード – 多くの場合、ライ麦から作られ、朝食や付け合わせとして提供されるクリスプブレッド

ファルコルフ – スモークポークと牛肉をすりおろした混合物から作られた古典的なスウェーデンのソーセージで、通常はパスタと一緒に出されます

リンゴンシルト – リンゴンベリーで作ったジャム。肉料理、特にミートボール(ケットブラー)と一緒に出されます

インラグドシル – ニシンのピクルスで、茹でたポテトと卵を添えて出されるか、スモーガスボードに出されます

ステークトストレミング– ニシンのフライで、通常はマッシュポテトを添えて出されます

プリンセスチョルタ(プリンセスケーキ) – デザートケーキにバニラカスタードとラズベリージャムを添え、グリーンマジパンをコーティングしたもの

シュナップス – アクアビット、ウォッカ、ビターリキュールの小グラスの一杯で、通常、食事中に飲まれます

リンゴンサフト – リンゴンベリージュース、ランチまたはディナーでの代替飲料

カフェ – スウェーデン人はコーヒーが大好きで、たくさん飲みます。カフェは常にフィーカとして提供されます。これは食事の合間に出されるコーヒーまたは紅茶で、多くの場合、甘いものが添えられます

地下鉄(トンネルバナ)とバス – 迅速かつ簡単な移動手段。

タクシー – メーター付きのタクシーには、常に黄色のナンバープレートが付けられています。価格は、規制されていないため、大きく異なる場合があります。

ホップオンホップオフバス – 観光に便利なストロマのホップオンホップオフバスを1日パスで購入し、街中の人気アトラクションを巡ることができます。

通貨 – スウェーデンクローナ(SEK)

電圧– 230V、50Hz

チップ– 必要ではありませんが、感謝されます(最大10%が妥当です)

時間帯– ストックホルム(スウェーデン)UTC/GMT + 1時間

– 水道水を安全に飲むことができ、ボトル入り飲料水は必要ありません

ストックホルム・アルランダ空港(ARN)

ストックホルム市内から41km北にあります。

  • フィンエアー便の出発ターミナル ヘルシンキ行きはターミナル2、ドーハ行きはターミナル5
  • チェックイン受付は出発の2時間前から
  • チェックインは出発の45分前に終了

ストックホルム・アーランダ空港発便のチェックインは、ストックホルム中央駅構のアーランダエキスプレス列車発車ホーム内にある自動チェックイン機、またはシティターミナルのバス停留所の自動チェックイン機でも可能です。

乗り継ぎのお客様は、ゲート61C(ターミナル2)とT11、F5(ターミナル5)間を20分間隔で運行する乗り継ぎバスをご利用いただけます。手荷物を目的地までチェックインされた場合は、自動的に乗り継ぎ便に移送され、ゲートまで直行できます。


ストックホルム・ブロンマ空港(BMA)

当空港は、ストックホルムの北西7kmに位置しています。

  • フィンエアーのフライト:ターミナル1
  • 自動手荷物預け機とチェックインは出発の12時間前より受付開始
  • チェックインデスクは出発の2時間前にオープン
  • チェックインは出発の45分前に終了 


次のページに移動:ストックホルム