医療機器を機内に持ち込むことはできますか。 | フィンエアー
よくあるご質問

医療機器を機内に持ち込むことはできますか。

通常、携帯用酸素濃縮器(POC)と無呼吸症呼吸補助装置(CPAP)は機内での使用が許可されていますが、航空会社の同意が必要です。CPAP機器は機内持込手荷物許容量に適合する必要があります。

ほとんどのCPAP機器は、機内で正常に作動させるために医療用インバーターが必要となります。インバーターが設置できない機材もあるため、出発の約72時間前までに確認いたします。長距離便をご利用のお客様は、追加料金なしでインバーターをご利用いただけます。

場合によっては機内で電源が利用できず、そのため呼吸装置が使用できないこともございますので、ご了承ください。バッテリータイプの機器の場合は、十分な容量のバックアップバッテリーをご用意ください(最低でもトランジットを含むフライト時間の150%)。

フライト中、その他の医療機器をご利用になる場合は、 このフォームにご記入の上、出発の72時間前までにお知らせください。

詳細はこちら

次のページに移動:医療機器を機内に持ち込むことはできますか。