旅行に必要な書類

旅程を検討される際、必要なすべての渡航書類が最新のもので、手元にあることをご確認いただくことが重要です。ご旅行中は、様々な場面で有効な旅行書類を提示し、身分を証明するよう求められます。必要な渡航書類は、国籍、目的地および乗り継ぎ国によって異なります。

重要事項

  • お客様の国籍に基づき、目的地で必要とされる渡航書類をご確認ください。
  • 行程に複数のシェンゲン協定加盟国が含まれる場合など、ある国から別の国に乗り継ぎをする場合の要件についてもご確認ください。
  • 多くの国では、パスポートの有効期限が旅行終了後の3~6か月間以上残っている必要がありますのでご注意ください。
  • また、目的地や乗り継ぎ地によってはビザが必要な場合がありますのでご注意ください。
  • 渡航先国入国の際、特別な健康診断書が必要かをご確認ください。
  • 時間に余裕を持って渡航書類の申請または更新を行ってください。
  • 航空券とパスポート、その他のマイレージカードに、同じ姓名が記入されていることを確認してください。
  • 特に長距離便では、Eチケットのコピーをご携帯いただきますようお願いいたします。フィンエアーのウェブサイトから直接航空券をご購入いただいた場合は、こちらのウェブフォームより申請できます。その他の場合は、航空券を発券した航空会社または旅行代理店までお問い合わせください。
  • パスポート、ビザ、健康に関する要件についての情報は、IATA Travel CentreのWebサイトでもご確認いただけます。

フィンエアーのフライトに必要な書類

フィンランドおよびスカンジナビアの市民

フィンランドおよびその他北欧諸国内のフライト:

  • 16歳以上のお客様は、パスポート、写真付き身分証明書、写真付き社会保障カード(KELAカード)、運転免許証のうちのいずれかを携行する必要があります。
  • 両親に伴われた16歳未満のお客様は、自分自身の身分証明書を所持する必要はありません。
  • 16歳未満のお客様が単独または両親以外の方と旅行する場合は、パスポート、写真付き身分証明書、写真付き社会保障カード(KELAカードまたは公的なIDカード)のうちのいずれかを携行する必要があります。
  • 12歳未満のお客様が単独で旅行する場合は、正しく記入された非同伴小児運送申込書(UM Handling Advice form)を所持している必要があります。自分自身の身分証明書を所持する必要はありません。ただし、お見送りの方および目的地でお迎えの方は、有効な身分証明書(公的なIDカードまたはパスポート)を提示し身分の証明をすることが必要です。


シェンゲン協定加盟国エリア、EU諸国、スイス内のフライト:

  • EU標準に準拠し、海外への渡航に許可されるパスポートまたは写真付きの身分証明書が必要です。


EU加盟国外の目的地へのフライト:

  • パスポートおよび必要な場合は有効なビザまたは在住許可証が必要です。
  • アメリカ、カナダ、オーストラリアへ旅行される際は、フィンエアーの補足説明をご覧ください。
オンラインでパスポートまたはIDカードを申請

その他のEU諸国の国籍およびスイス国籍の保持者

フィンランド国内とシェンゲン協定加盟国エリアまたはEU諸国間のフライト:

  • EU標準に準拠し、海外への渡航に許可されるパスポートまたは写真付きの身分証明書が必要です。


EU加盟国外の目的地へのフライト:

  • パスポートおよび必要な場合は有効なビザ、在住許可証、または当該国の経由/入国が認められる渡航書類が必要です。
  • アメリカ、カナダ、オーストラリアへ旅行される際は、フィンエアーの補足説明をご覧ください。

EU加盟国以外の国籍をお持ちのお客様

  • 有効なパスポート、また、必要な場合は最初に入国するシェンゲン協定加盟国の入国要件とその他入国する可能性のあるシェンゲン協定加盟国で必要とされる有効なビザ、在住許可証、その他の渡航書類が必要です。
    • たとえば、フィンランド経由でデンマークに旅行する場合、渡航書類はフィンランドとデンマーク両方の入国時に有効なものであることが必要です。
  • フィンランドで認められるビザ要件と旅行書類を見る
  • フィンランドおよびシェンゲン協定加盟国に旅行する場合、滞在予定期間に加えて3か月以上のパスポートの残存期間が必要です。
  • アメリカ、カナダ、オーストラリアへ旅行される際は、フィンエアーの補足説明をご覧ください。

シェンゲン協定加盟国を一度に2か国以上訪問される場合

旅程に2か国以上のシェンゲン協定加盟国が含まれる場合、シェンゲン協定加盟国エリアで入国します。


別のシェンゲン協定加盟国からシェンゲン協定加盟国に旅行する場合

別のシェンゲン協定加盟国から渡航先国のシェンゲン協定加盟国に旅行する場合、入国手続きを行うシェンゲン協定加盟国エリアの国と渡航先国両方のビザ規定を満たしている必要があります。両国ともシェンゲン協定加盟国である場合でも、両国が採用する規定および承認される書類は異なる可能性があります。

  • たとえば、上海からヘルシンキ経由でフランクフルトに旅行する場合、渡航書類はフィンランド経由での入国(フィンランドの入国要件を満たす)と、ドイツまでの旅行に対して有効である必要があります。


シェンゲン協定加盟国1か国で乗り継ぎをする場合

シェンゲン協定加盟国1か国を経由して、目的地がシェンゲン協定加盟国エリア以外の場合は、シェンゲン協定加盟国エリアに入国しないためビザは不要です。

  • たとえば、モスクワからヘルシンキ経由でニューヨークへ旅行する場合、渡航書類はアメリカで有効なものであることが必要です。


1か国以上のシェンゲン協定加盟国を経由して乗り継ぎをする場合

2か国以上のシェンゲン協定加盟国を経由して、目的地がシェンゲン協定加盟国エリア以外の場合、シェンゲン協定加盟国エリアへの入国する必要があるためビザが必要となります。

  • たとえば、ニューデリーからヘルシンキとパリを経由してモントリオールに旅行する場合、渡航書類はシェンゲン協定加盟国エリア(フィンランドの要件を満たす)と、カナダで有効である必要があります。


未成年者に適用される追加要件

未成年者が1人で旅行する場合または同伴する親または保護者が1人のみの場合、一部の国では、両親または保護者の旅行同意者が必要です。同意書は、入国の際または出国の際に必要となる場合があります。

特定の旅行について未成年のお客様の承諾書が必要かどうかを確認するには、出発国の当局および渡航先国の大使館にお問い合わせください。

同意書の例
次のページに移動:旅行に必要な書類