旅行に必要な書類

ご旅行の際には、さまざまな場面で有効な旅行書類とともに身分証明書を提示するように求められます。必要な旅行書類の種類は、国や地域によって異なります。

多くの国では、パスポートの有効期限が旅行終了後の3~6か月間以上残っている必要があります。また、目的地や乗り継ぎ地によってはビザが必要な場合があります。要件については、最寄りにある渡航先国の大使館にお問い合わせください。パスポート、ビザ、および健康に関する情報は、IATA Travel CentreのWebサイトからもご確認いただけます。

シェンゲン協定加盟国を一度に2か国以上訪問される場合

航空券とパスポート、その他のマイレージカードに、同じ姓名が記入されていることを確認してください。

ご旅行中、特に長距離路線の利用時は、Eチケットの控えのコピーを携帯することをお勧めします。航空券をフィンエアーから直接購入された場合は、このWebフォームからEチケットの控えをご注文いただけます。別の航空会社または旅行代理店から購入された航空券については、購入先にお問い合わせのうえ、控えをご依頼ください。

フィンエアーのフライトに必要な書類

その他の国籍のお客様

  • パスポートと、渡航先、乗り継ぎ地によっては有効なビザ、旅行書類が必要です。例えば、フィンランドを経由してシェンゲン協定加盟国へ渡航する場合、フィンランドとシェンゲン協定加盟国の両方で旅行書類が必要となります。
  • フィンランドで必要なビザと旅行書類
  • シェンゲン協定加盟国地域でのご旅行にビザが必要な場合は、ビザが有効なパスポートに刻印されている必要があります。
  • フィンランドおよびシェンゲン協定加盟国に旅行する場合、滞在予定期間よりも3か月以上のパスポートの残存期間が必要です。
  • 北米への渡航に関する詳細については、「 アメリカ 」および「 カナダ」を参照してください。

フィンランドおよびスカンジナビア諸国の国籍のお客様

フィンランドおよびスカンジナビア諸国内のフライト

  • 16歳以上のお客様は、パスポート、写真付き身分証明書、写真付き社会保障カード(KELAカード)、運転免許証のうちのいずれかを携行する必要があります。
  • 旅行に親が同伴する16歳未満のお客様は、ご自身のIDカードは不要です。
  • 16歳未満のお客様が単独または両親以外の方と旅行する場合は、パスポート、写真付き身分証明書、写真付き社会保障カード(KELAカード)のうちのいずれかを携行する必要があります。
  • 12歳未満のお客様が1人で旅行する場合に、1人で旅行するための正しく記入されたUM Adviceフォームをお持ちの場合は、ご本人のIDカードを持つ必要はありませんが、飛行機まで見送る方と迎えに来る方は、有効なIDを提示して身分を証明する必要があります(公式なIDカードやパスポートなど)。

シェンゲン協定加盟国地域およびEU加盟国、スイス国内のフライト

  • EU標準に準拠したパスポートまたは写真付き身分証明書。

EU加盟国外へのフライト

その他のEU諸国およびスイス国籍のお客様

フィンランドとシェンゲン協定加盟国およびEU加盟国地域内のフライト

  • EU標準に準拠したパスポートまたは写真付き身分証明書。

EU加盟国外へのフライト

未成年者に適用される追加要件

未成年者が1人で旅行する場合、もしくは同伴する親または保護者が1人のみの場合、一部の国では親または保護者の旅行同意書が必要になることがあります。同意書は出国、または入国時のいずれかに必要です。特定の旅行について未成年のお客様の承諾書が必要かどうかを確認するには、出発する国の当局および渡航先の国の大使館にお問い合わせください。