マラガ行きフライトを予約 | フィンエアー

到着地
マラガ

エコノミークラス
片道
最低料金
¥223,000 *
往復
最低料金
¥157,000 *
* フィンエアーが提供するこの目的地への特別運賃

フライトの検索と予約

出発地
目的地を選択
AGP,
搭乗者
1 大人
座席クラス
すべてのクラス
往路便 出発日
復路便 出発日
大人1名様あたりの最低料金

トラベルガイド – マラガ

スペインのコスタデルソル中心部には、美しいマラガ市があります。以前は、近隣の観光地への旅行のハブとして知られていましたが、最近行われた改装は、街自体が観光のホットスポットになるのに役立ちました。街は、文化と歴史的アトラクションがショッピング、レストラン、砂浜と混在しており、また、クルクル回るフラメンコのショーや、さまざまなクラブ、バー、ディスコから選んで活気あるナイトライフを楽しめます。トレンディーな港のそばでツアーに参加して、巨大なクルーズ船が通り過ぎるのを眺めたり、街中にたくさんある居心地のよいタパスバーで軽く食事をしてはいかがでしょう。マラガは、有名な芸術家のパブロ・ピカソの故郷でもあることをご存知でしたか?

アルカサバ –マラガで最も人気のあるアトラクション。ムーア人(この地域の中世のイスラム教徒の住民)によって、一方は街を見下ろし、もう一方は地中海を見下ろす丘の上に建てられた強力な軍事要塞です。カスティージョ・デ・ジブラルファロ城は、要塞のすぐ上にあり、同じ時代のものです。マラガのローマ劇場は、要塞の底部にあります。

マラガには約30の美術館があり、最も有名なのはマラガピカソ美術館です。その他の美術館には、ポンピドゥー・センター・マラガや2015年に開館したマラガエスタタルルソ美術館があります。さらに、マラガ市立博物館マラガ自動車博物館ガラスとクリスタル博物館などがあります。

マラガ植物園– マラガのダウンタウンにある熱帯風の広大な植物園。

エンカルナシオン大聖堂 - 旧市街にある1600年代の壮大な大聖堂。もう1つの印象的な建物は、マラガの大闘牛場、プラサデトロスです。

マラガはコスタデルソルの首都で、数kmの美しい砂浜があります。最も人気のあるのは、ラ・マラゲータラ・カレタです。ビーチは、レストランやバーが並ぶパブロ・ルイス・ピカソ遊歩道沿いにあります。

マラガからは、海岸沿いの他の都市や、さらにはジブラルタル海峡を渡って行くことも簡単にできます。

ネルハ– 白塗りの家のアラブ地区と鍾乳石の洞窟(クエバデネルハ)で知られる村。マラガから約1時間。

コルドバ– 美しいモスク(メスキータ)シナゴーグと伝統的なユダヤ人地区がある村。

ラスアカシアス・ビーチ– マラガのダウンタウンから数マイル東にあるブルーフラッグのエコラベル(水の質とビーチの安全性を示すマーク)がある美しいビーチ。

グラナダ –ムーア人のアルハンブラ宮殿ゴシック様式の大聖堂アルバイシンアラブ地区のある街。マラガからバスで90~120分。マラガ近郊の水泳や日光浴には、マルベージャ、フエンヒローラトレモリノスもお勧めです

ご家族で楽しめるところ – トレモリノスのアクアランド、エステポナのセルウォ(アドベンチャーアクティビティが楽しめる自然公園)、ベナルマデナのチボリワールド

ジブラルタル– ジブラルタル海峡を渡って日帰り旅行で、モロッコへ向かい、タンジール市を訪れてください。旅行の際はパスポートを忘れずにご持参ください。

マラガの主要なショッピング街は、平行に走っているラリオス通りヌエバ通りです。ショッピングは靴とファッションが中心で、スペインの衣料品大手のほとんども軒を並べています。

エル・コルテ・イングレス– ラリオス通りやヌエヴァ通りの近くにある、幅広い商品を扱うスペインのデパートチェーン。

セントロラリオスマヨール広場は、衣料品やレストランからボウリングや映画館まで、あらゆるものが揃った2つの大きなショッピングセンターです。

メルカード・セントラル・アタラサナ– おいしい新鮮な野菜、肉、魚、チーズ、スパイスを手頃な価格で購入できます。お土産やギフト、美味しく安価な食べ物を買うのに最適な場所です。

メルカディージョ・バニョス・デル・カルメン– マラガ最大の野外市場。

マラガへの旅は、この街に数多くある手頃な値段のタパスバーに行くことなしに完結しません。マラガで最も一般的な食べ物は魚介類とさまざまなスープ料理であり、その一部はローマ時代またはムーア時代に由来しています。
焼き魚は、チリンギトスと呼ばれる小屋で購入できる人気のビーチスナックでもあります。

タパス– さまざまな小皿料理。冷製または温製で提供されます。タパスはスペインで非常に人気があり、バーで立ちながら注文して食べることが多いです。小さな前菜や軽食として楽しむのも、数個注文して食事にすることもできます。スペインでは、食事の合間にタパスを食べるのが最も一般的です

ガスパチョ– トマト、キュウリ、ピーマン、オリーブオイル、ニンニク、水で作られた冷たいスープ。固ゆで卵やハムと一緒に出されることもあります

ポーラアンテケラナ– ガスパチョと同じ食材を使った、水を含まない濃厚な冷たいスープ

アホブランコ– ニンニク、オリーブオイル、皮をむいてローストしたアーモンドを入れた冷たいスープです。ホワイトマスカットグレープを添えて供されます

ガズパチュエロ・マラゲニョ– 酢入りの魚とポテトのスープ。固ゆで卵とトーストを添えて提供されます

ボケローネ– アンチョビ、油で揚げることが多い

酢漬けボケローネ– 未調理の酢でマリネしたアンチョビ、タパスとして供されることが多い

フリトゥラ・マラゲーニャ– 一緒に揚げたいつくかの異なる種類の魚介類(魚、貝、イカなど)

エスペトス・デ・サルディーナス– イワシを串にさしてグリルし、ビーチのチリンギトスで出されることが多い

ベルザ・マラゲーニャ– 豆、牛肉、鶏肉、豚肉、野菜、スパイスを入れたキャベツシチュー

ガチャス・マラゲーニャス– 甘いホットソースを添えた揚げパンの冬のデザート

モスト– マスカットブドウから作られた甘いワイン

モロッコ風ティーハウス– 紅茶やその他のノンアルコール飲料の豊富な品揃えで知られています

その他のスペイン料理の飲み物は、サングリア(赤ワイン、フルーツジュース、氷)とカヴァ(スペイン語でシャンパンに相当)です

自転車をレンタルするか歩くのが、マラガのダウンタウンを体験するのにベストで最も安価な方法です。バスや電車もお手頃な価格です。

バス– EMT(Empresa Malagueña de Transportes、マラガ運輸会社)は、手頃な料金と広範な路線網を備えています。午後2時から5時までのラッシュアワーは避けましょう。

通勤列車– 2つの路線(マラガ-フエンヒローラとマラガ-アロラ)が、鉄道駅のマリアザンブラーノを通過しています

タクシー– 高価ですが効率的です。緑色のライトが点灯しているタクシーは空いています。メーターのない車はお避けください

トリクシ―・ペディキャブ - サイドカーの自転車に乗る異なる体験、マラガが有名

通貨 – ユーロ (€)

電圧– 220V、50Hz

チップ– 不要

支払い/カード – ほとんどどこでもカードを使用できます

時間帯– マラガ(スペイン)UTC/GMT+1時間

– 水道水を安全に飲むことができ、ボトル入り飲料水は必要ありません

マラガ国際空港

マラガ市内から8km南西に位置します。

  • フィンエアーのフライト:ターミナル3
  • チェックインは出発の2時間前から受付開始
  • チェックインは出発の45分前に受付終了


次のページに移動:マラガ