バンコク行きフライトを予約 | フィンエアー

到着地
バンコク

さあ、旅に出よう

トラベルガイド – バンコク

バンコクは、700万人以上の人々が暮らすタイの首都であり、世界で最も人気のある休暇旅行先の1つです。訪問者は、ショッピングや食事、飲み物を安価に楽しめ、躍動するナイトライフを体験したり、街中にある美しい寺院を訪れることができます。タイやアジアの他の目的地へは、同市の巨大で最新式のスワンナプーム空港から簡単に行くことができます。クルンテープは、「天使の街」を意味し、バンコクの別名です。

王宮 – バンコクで最も知られたランドマークです。この宮殿は、1782年以降シャム(および現代のタイ)の国王の公邸となっています。1925年までこの宮殿は、国王、宮廷、王政府の基盤となっていました。

エメラルド寺院 – バンコクの王宮に隣接する有名な寺院エリアは、バンコクで最も壮麗な観光スポットの1つで、すばらしいエメラルド仏が祀られていることで知られています。

ワットポー – タイ最大の寺院の1つで、高さ15メートル、長さ46メートルの黄金の仏像があります。

屋上テラス
バンコクには屋上テラスが多くあり、展望台に行けばさらに楽しむことができます。ルブアアットステートタワーには、多くの有名映画に登場する4階におよぶ展望台があり、すばらしい街の景色を眺めることができます。SOソフィテルバンヤンツリーホテルにも、訪れる価値のある屋上テラスがあります

バイヨークタワーII – タイで最も高いビル。84階の展望台からは街のパノラマを見て楽しめます。

カオサンロード – バックパッカーの間でよく知られる有名な通り。手頃な宿泊施設が数多くあります。

ダムヌーンサドゥワック – バンコクから2時間の場所にあるこの地は、女性が伝統的な衣装を着て、ボートで果物や野菜を売る水上マーケットで知られています。

ホアヒン – バンコクから3時間の場所にある、美しいビーチが広がる有名観光リゾートです。

サメット島 – バンコクから4時間の場所にある、ゆったりとした休暇を過ごすのに最適な島です。

サイアムスクエアセントラルワールド– バンコクの暑さに疲れたときは、ウェスタンスタイルのショッピングモールでクールダウンしましょう。手ごろな価格の商品を扱う店やグローバルブランド、数多くのレストランが並んでいます。

MBKセンター– マーブンクロンセンターの名でも知られるこのショッピングモールには、5フロアにわたる手ごろな価格の小物、衣類、手工芸品が揃っています。コンタクトレンズからグッチのハンドバッグまで、マーケットで販売されている商品の多くは、安価ではあるものの、本物ではないことを認識しておく必要があります。

チャトゥチャック週末マーケット– ほぼあらゆるものが揃う、バンコクの巨大な野外週末市場です。プラトゥーナムマーケットもおすすめです。

タイの飲食物は一般的に非常に安価です。特に、小さなレストランや、無数にあるフードトラックで地元のタイ料理を購入する場合、その傾向が強まります。ただし、バンコクにはより高額な選択肢も用意されています。また、料金は選択によって大幅に異なる場合があります。バンコクのタイ料理は、中華料理やインド料理の影響を受けています。バンコクでは、フォークとスプーン、または箸を使って食べます。ライスと有名なナンプラーソースは料理の最も重要な要素です。

トムヤンクン– レモングラスのスープにチリペッパーとエビを加えた料理。

タイチキンカレー– ココナツミルクを使った、グリーンチキンカレー。

タイレッドカレー– ココナッツミルクと細かく刻んだ肉を加えた、タイ風レッドカレー。

トムヤンクン– レモングラス、ガランガル、マッシュルーム、エビのスープ。

トムカーガイ– ココナッツミルク、レモングラス、ガランガル、チキンのスープ。

パッタイ– 野菜、魚醤ソース、チリペッパー、刻んだカシューナッツを使い、中華鍋で炒めたヌードル。

タイアイスティー– 濃く煎じた紅茶に、コンデンスミルクと砂糖を加えた飲み物。

ワイン– 飲むことはできますが、高価です

ビール– 地ビールおよび各国のビール

メトロポリタンラピッドトランジット(MRT)– バンコクの地下鉄とバンコクスカイトレインは、移動手段として最適です。ただし、あらゆる場所を網羅しているわけではありませんのでご注意ください。駅には、目立つように標識が掲げられています。

タクシー– バンコクのタクシーは比較的安価で便利です。長距離の移動にも便利です。料金の言い値には同意せず、運転手がメーターを使用していることを確認してください。

ボート– バンコクの利用価値の高いボートツアーは、サパーンタークシンエリアから利用できます。バンコクの川辺の観光スポットを訪れる際に便利です。

タイの通貨– バーツ(h)

タイの電力– 220V、50Hz

支払い– バンコクを訪れる際は現金での支払いを考える必要がありますが、カードが使用できる施設も多く存在します

チップ– 一般的には必要ありませんが、近年状況は変化しつつあります。ホテルとレストランでは、自動的に10%が支払いにプラスされます。

値引き交渉– マーケットでは一般的ですが、大型店では行われません。

時間帯– バンコク(タイ)UTC/GMT+7時間(夏時間/冬時間を使用する国では夏時間の間はそこから-1時間)。

水道水– タイの水道水は洗浄や調理に適しており、飲料には、ボトル入りの水をおすすめします。

スワンナプーム国際空港 (BKK)

バンコク市内から25km東に位置します。

  • フィンエアーのフライト:4階
  • チェックインは出発の3時間前から受付開始
  • チェックインは出発の1時間前に受付終了


次のページに移動:バンコク