シンガポール行きフライトを予約 | フィンエアー

到着地
シンガポール

さあ、旅に出よう

旅程タイプ
往復
出発地
目的地
(すべての空港)
搭乗人数とクラス
1
, 全座席クラス
行きの日付
帰りの日付
大人1名様あたりの最低料金

トラベルガイド – シンガポール

シンガポールは、マレーシアと北に接する、東南アジアで最小の国です。金融の中心地であり、非常に重要な経済と産業の中心地でもあります。同市が国際経済において重要性を増すにつれ、ここでは高層ビルが着実なペースで建設されています。ただし、多くの緑地が保存されており、シンガポールはまだコンクリートと鉄だけでできているようには感じられません。英語は広く話されており、旅行者は路上で人に助けを求めたり、標識や地図を読むことで、簡単に道を見つけることができます。シンガポールは、近隣諸国と比べて訪れるには少し費用がかかりますが、一般的に価格はヨーロッパよりも高くはありません。

マリーナベイ – 日光浴、水泳、カジノ、クラブ、レストラン、ショッピング、数多くの観光スポットがあり、観光客にとって理想的な場所です。マリーナ・ベイには、ロンドン・アイよりも大きな観覧車、シンガポール・フライヤー、世界一の高さを誇る屋内の滝のある印象的な庭園、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイがあります。また、屋上にインフィニティプールがあるボート型デザインの壮大なホテルリゾート、マリーナベイサンズを訪れたら、アートサイエンスミュージアムにも立ち寄ってみてください。残念ながら、プールはホテルの宿泊客だけしか利用できません。

チャイナタウン、シンガポール – チャイナタウンは、シンガポールにおける中国の伝統を浮き彫りにしています。この美しい地区には、モダンな店とエキゾチックな商品や地元の食べ物を販売する伝統的な店の両方が軒を連ねています。文化的伝統が豊富な他の場所には、リトルインディアチャンギビレッジおよびカンポングラムなどがあります。

シンガポール動物園 – この受賞歴のある26ヘクタールの野生動物公園では、2,800頭以上の動物、キリンの展示、水中ギャラリーなどを見ることができます。また、評判が高いシンガポール自然保護区が運営しているリバーサファリジュロンバードパークナイトサファリに出かけるチャンスもお見逃しなく。

シンガポール植物園 – 自然愛好家にとってもう一つの宝である、この156年の歴史を持つ緑の保護区は、ユネスコの世界遺産に指定された世界で唯一の熱帯庭園です。1,000種以上の蘭、原生熱帯雨林などが、市のまさに中心部にあることには驚かされます。

セントーサ島 – シンガポール初の日光浴、水泳、ゴルフが楽しめる総合リゾートです。ユニバーサルスタジオシンガポール、アドベンチャーコーブウォーターパークトリックアイミュージアムなどのエンターテインメントが充実しています

シンガポール国立博物館 – 国内最古の博物館は、シンガポールの歴史と文化を楽しい方法で展示しています。また、この建物は街の建物の象徴の1つでもあります。1つの博物館しか行く時間がない場合は、この博物館にしてください。

ビンタン島 – 美しいビーチやホテルが建ち並ぶこの島は、日光浴や水泳を楽しむ休暇には最適です。シンガポールからボートでわずか1時間です。

ティオマン島 – シンガポールから飛行機でわずか40分の海洋公園の一部。ここでは、熱帯のジャングル、渓流、滝があります。

ウビン島 – シンガポールからボートですぐのところにあるこの手つかずの島には、自動車はほんの一握りしかありません。自転車に乗って素朴な道や人里離れたビーチを探索しましょう。

冗談めかして、シンガポール人にとって本当に重要なのは買い物と食べ物だけだと言われます。これは、豊富なショッピングの機会が提供されているのを見ると容易に理解できます。

オーチャードロード – シンガポールの主要なショッピングストリート。最大のモールの横には、デザイナーズブランドのブティックや有名なファッションストアがあります。

市内には、膨大な数のショッピングモールやショッピングセンターがあります。マリーナ・ベイ・サンズのザ・ショップスでは、高級ブランドの最大のコレクションを提供しています。一方、街で最大のショッピングモールのビボシティは、数多くの小売店やお子様向けのアメニティが自慢です。他の人気のあるショッピングセンターには、ニーアンシティシムリムスクエアファーイーストプラザセンターポイントがあります。

チャイナタウン – 金融街に近いエリアにあり、磁器製品、お茶、香辛料などの伝統的な商品から洋服や宝石まで、あらゆるものを見つけることができるこの場所は、シンガポールへの旅のもう1つの必見スポットです。

シンガポールを訪れると、地元の人々にとっての食べ物や飲み物がいかに重要であるかにすぐに気づくでしょう。この街では24時間食事ができ、世界中の影響を受けた料理を味わうことができます。多種多様な各国料理と膨大な種類の地元料理が揃っています。

海南チキンライス – シンガポールの郷土料理で、ゆでた鶏肉とライスにオイルとおいしいディップソースを添えたもの。

チリクラブ – スパイシーなトマトソースが入ったシンガポールで最も人気のあるカニ料理。

フィッシュヘッドカレー – 鯛の頭をカレーグレービーソースで野菜と一緒に調理したシンガポール料理。

チャークェイテオ – 豚肉または豚ラードのスライスを醤油、ザルガイ、中華ソーセージ、もやし、チャイブで炒めた平米麺。

サテー – 串焼きの肉にライスケーキ、ピーナッツソース、きゅうりと唐辛子のレリッシュを添えたもの。

肉骨茶(バクテー) – 中華ハーブとスパイスをブレンドした有名なポークリブのスープ。この料理は通常、ご飯と一緒に朝食として食べられます。

ホッケンプラウンミー – 福建麺、エビ、鶏肉または豚肉のスライス、イカ、フィッシュケーキの炒め物。

バンドン – ミルクとローズコーディアルシロップで作られたこのピンクでとても甘い飲み物は、シンガポールで非常に人気があります。

バーリーウォーター– ゆでた精白玉麦と氷砂糖で作られたシンガポールの伝統的な飲み物。

シンガポールスリング – ジン、パイナップルジュース、チェリーブランデー、ビターズで作られた有名なカクテル。

マスラピッドトランジット(MRT) – 市内を移動するための安価で安全な方法を提供する包括的な鉄道ネットワーク。シンガポールの主要な観光スポットのほとんどは、MRT駅から徒歩圏内にあります。

タクシー – 目的地までバスやMRTで行けない場合は、快適で便利なオプションです。料金はメーターベースですが、タクシー会社、場所、時間帯によっては追加料金がかかる場合があります。

バス – 長距離ではお得です。バスシステムは、シンガポールのほとんどの場所をカバーしています。

シンガポールの通貨 – シンガポールドル($)

シンガポールの電気 – 220~240V、50Hz

支払い– 現金とクレジットカードはどちらもシンガポールで一般的に使用されています。シンガポールのほとんどのATMでは、外国のカードをご利用いただけます。

重い罰金 – シンガポールではチューインガムは禁止されています。公共の場での喫煙、赤信号での道路の横断、またはポイ捨てには罰金が科せられます(特別に指定された場所での喫煙は許可されています)。

チップ– 一般的ではありません。ホテルとレストランでは、自動的に10%が価格に追加されます。空港でのチップは禁止されています。

時間帯– UTC + 8時間。

 – 水道水は安全です。ただし、シンガポールではボトル入り飲料水を飲むことをお勧めします。

シンガポール・チャンギ国際空港

シンガポール市内から20km東に位置します。

  • フィンエアーのフライト:ターミナル1
  • チェックインは出発の3時間前から受付開始
  • チェックインは出発の1時間前に受付終了


次のページに移動:シンガポール