ムンバイ行きのフライト | フィンエアー

到着地
ムンバイ

さあ、旅に出よう

旅程タイプ
往復
出発地
目的地
(すべての空港)
搭乗人数とクラス
1
, 全座席クラス
行きの日付
帰りの日付
大人1名様あたりの最低料金

他に例を見ない大都市、ムンバイを探索 

ムンバイ - かつてボンベイとして知られていた–は、やるべきこと、行くべき場所、そして味わうべき食べ物でにぎわっています。人口2,000万人のこの大都市は、インドのビジネス、映画、ファッションの中心地であり、多くの人がさまざまな産業での成功を求めて訪れます。対照的な都市です。壮麗な超高層ビルに住み、水や電力の不足がよくあるアジア最大級のスラム、ダラヴィに住む人もいます。対照的な街です。壮大な高層ビルに住む人もいれば、水や電力の不足が普通のダラビと呼ばれるアジア最大のスラム街の1つに住む人もいます。ムンバイのニックネームが「夢の街」である理由は、、その喧騒を探索し、さまざまな夢を持つあらゆる分野の人々と出会うことでわかります。 

ムンバイでやるべきこと 

ランドマークを見つける 

地元の人々や観光客に最も人気のあるアトラクションである、インドの玄関口から出発します。アラビア海を見渡すこの象徴的なアーチの記念碑は、1911年に建てられ、象徴的な儀式用の入り口として使用されました。その後は、近くの豪華なタージマハルパレスホテルの歴史と美しさをご堪能ください。次に、フェリーで、洞窟寺院とヒンズー教の神シヴァの壮大な像で有名なユネスコ世界遺産のエレファンタ島に向かいます。さらに寺院を訪れたいなら、市内最古の寺院の1つで、富の女神ラクシュミに捧げられた、マハラクシュミ寺院へ向かいます。チョーバザールでお土産を買うのをお忘れなく。巨大な蚤の市で、骨董品や中古品の中から掘り出し物を探すことができます。 

屋台料理の饗宴 

ムンバイの風味豊かで色とりどりの郷土料理で、舌鼓を打ってください。バタタヴァダ(スパイス入り揚げ物のポテトスナック)、ベルプリ(米、野菜、チャツネが入ったカリカリのスナック)、ボンベイサンドウィッチからチャイやラッシーまで、賑やかな通り沿いにある数百軒の屋台から選んで、地元の人と同じように食べましょう。 

ボリウッドの世界を発見 

ムンバイには、年間1,000本以上の長編映画を制作するインド最大の映画産業、ボリウッドがあります。スラムドッグミリオネアドービーガートなどの有名な映画の撮影地をたどってみてはいかがでしょう。地元のガイドが案内するツアーに参加して、この地域の歴史と地元の生活様式について学びましょう。あるいは、ボリウッドのスタジオを訪れて舞台裏をのぞいてみるのも良いでしょう。 

ムンバイ国際空港(BOM)

フィンエアーは、2022年8月からヘルシンキからムンバイまで直行便を運航します。ヘルシンキ空港経由の優れた接続により、ヨーロッパ、米国、ムンバイ間をスムーズに移動できます。 

ご利用の航空会社のターミナルとチェックイン時刻を必ずご確認ください。



次のページに移動:ムンバイ