医学的症状

持病があるお客様もほとんどの方が問題なく航空機をご利用いただけます。ただし、一定の予防措置を取らせていただくことがあります。場合によっては、医療クリアランスをお願いすることもございます。

MEDAフォーム(診断書)

以下の項目に該当されるお客様は、航空券のご予約時、または遅くともご出発日の72時間前までにお申し出いただく必要があります。事前に適切な対応を取らせていただくために、ご協力をお願いいたします。こちらの事前準備情報フォームにご記入ください。フォームご送信後、お客様の受付番号(例:1- 456789078)が届きます。この番号により、受付への情報の更新および添付書類の追加が可能となります。受付番号でサインインしてください

  • 最近、心筋梗塞を起こした
  • 最近、脳循環障害を起こした
  • 最近、怪我をした
  • 最近、手術を受けた
  • 症候性の心臓疾患を患っている
  • 慢性の閉塞性肺疾患を患っている
  • 酸素療法が必要である
  • 精神病を患っている
  • 感染病(結核、ジフテリア)を患っている
  • 重度の貧血症(Hb値が75g/l未満)である
  • 水痘に感染し、小水疱が出現している段階である
  • 重度のアレルギー

MEDIFフォーム(添付書類)

医療情報フォーム(MEDIF)の両面の項目にご記入をお願いします。MEDIFのパート1は、乗客または乗客の代表者が記入してください。MEDIFのパート2は、主治医が記入してください。署名済みフォームをスキャンした後、受付番号を使ってログインし、MEDIFフォームを添付してください。フォームは出発の72時間前までにフィンエアーに届くようにお送りください。

このフォームを提出することにより、お客様はフィンエアーがお客様の医療データを取り扱い、お客様からのサービスのご要望に応じることに同意したと見なされます。本同意は、必要に応じてフィンエアーのパートナーにも適用されます。

フィンエアーのプライバシーポリシーを確認する

医薬品

フライト中または空港で服薬の必要がある場合は、医薬品を手荷物に入れてお持ち込みください。医薬品は別途袋に入れてお持ちください。元のパッケージに入れたままお持ちになることをお勧めします。また、お客様の症状により注射式の医薬品を用いた治療が必要になる場合は、処方箋および医師の診断書もご持参ください。医薬品を冷所で保管する必要がある場合は、薬剤師に別の保管方法をご相談ください。申し訳ございませんが、フィンエアーでは航空機の冷蔵庫に医薬品を保管することはできません。あらかじめご了承ください。

医療機器

通常、携帯用酸素濃縮器(POC)と無呼吸症呼吸補助装置(CPAP)は機内での使用が許可されていますが、航空会社の同意が必要です。

ほとんどのCPAP機器は、機内で正常に作動させるために医療用インバーターが必要となります。インバーターが設置できない機材もあるため、出発の約72時間前までに確認いたします。長距離便をご利用のお客様は、追加料金なしでインバーターをご利用いただけます。

場合によっては機内で電源が利用できず、そのため呼吸装置が使用できないこともございますので、ご了承ください。バッテリータイプの機器の場合は、十分な容量のバックアップバッテリーをご用意ください(最低でもトランジットを含むフライト時間の150%)。

フライト中、その他の医療機器をご利用になる場合は、このフォームにご記入の上、出発の72時間前までにお知らせください。

客室乗務員は、ご搭乗のすべてのお客様の安全に対して責任があるため、特定のお客様の特別なお手伝いに従事できない場合があります。客室乗務員が注射を打つことや薬剤を投与することは許可されていません。

機内の医薬品および医療機器の詳細については、カスタマーサービスまでお問い合わせください。