フィンランドで出逢う美しいオーロラ

フィンランドで壮大なオーロラ体験をしよう!

ー度は見てみたいと誰もが願うオーロラ。北欧の旅のなかでも、多くの人が憧れ目的とするもののつです。

フィンランドで出逢うオーロラは、北欧諸国で特に日本人に大人気。サンタクロースで有名なロヴァニエミ、大自然に包まれるサーリセルカなど、オーロラに出逢うフィンランドへの旅に出ませんか。

フィンランドで出逢う美しいオーロラ
フィンエアーでオーロラに出逢う旅へ

フィンエアーでオーロラを見に行く

オーロラを見に行くなら、フィンエアー(フィンランド航空)がとっても便利。オーロラを見ることが出来る場所に近い空港に就航しています。フィンランドなら、ラップランド地方の州都にあるロヴァニアミ空港のほか、イヴァロ空港、キッティラ空港、ケミ空港、オウル空港などへのフライトがあり、その他の北欧地域では、スウェーデンのウメオ空港、ノルウェーのオスロ空港とトロムソ空港、アイスランドのレイキャビーク空港に就航し、オーロラを見に行く旅人たちに多く利用されています。

フィンランドの大自然とオーロラの見事なハーモニー

魔法のような光がつむぐフィンランドのオーロラ

大空を美しく包み込む、神秘的な光のカーテン。その光景は、多くの人たちの心をとらえて離しません。

フィンランドやロヴァニエミのオーロラの時期

雪景色と共に映る写真が多いこともあり、オーロラは冬に出現するというイメージがあります。しかし実は、オーロラは1年中出現しているのです。ただ出現のしやすさや見やすさには違いがあります。その意味でフィンランドやロヴァニエミのオーロラのベストシーズンは、9月から3月の秋から春にかけてです。

この時期には冷たくなり空気が澄むことや、地球と太陽の位置関係でオーロラの発生率も高くなります。赤や緑、紫やブルーなど、さまざまに色と形を変えるオーロラに出逢うことが出来ます。ぜひあなたのベストなオーロラのシーズンを発見してみてください。

ロヴァニエミ行きの航空券
フィンランドの大自然とオーロラ

フィンランドで出逢うオーロラ

フィンランド北部のラップランド地方は、オーロラの名所として世界中の憧れを集めています。北極圏すぐ近くの場所ですが、フィンエアーでヘルシンキから1時間ほどの場所なので、オーロラ・ツアーでも大人気のエリアです。そんな、フィンランドで楽しめるオーロラの名所をご紹介します。

ロヴァニエミ

ヘルシンキから北へ830km。北極圏のすぐ手前に位置するサンタクロースの故郷です。ウィンターシーズンにはオーロラのほかスノーアクティビティも楽しめます。オーロラバスのモイモイ号は、その日の天候に応じて最適な観測スポットに案内してくれるので、頼ってみるのもありかも。

ロヴァニエミ行きの航空券

ルオスト

北極圏からさらに北へ約100km。ヘルシンキからフィンエアーでロヴァニエミ空港まで1時間20分ほど、そこからバスで90分ほどの場所にある小さな街。紫に輝くアメジスト採掘でも有名で、冬も夏もエンジョイできます。

サーリセルカ

ラップランドの先住民族サーミ族が住む街としても知られる、フィンランド屈指のウィンターリゾート地。スパやホテルも充実、オーロラのほかさまざまなウィンターアクティビティを堪能できます。ガラス張りのイグルーに宿泊してオーロラの出現を待つスタイルも人気。

イナリ

イヴァロ空港でフィンエアーから降りたら、クルマで30分ほどの場所にある街。フィンランド最大の湖であるイナリ湖の湖畔にあります。ウィンターシーズンになるとイナリ湖が凍結するため、オーロラを見るには最適な環境です。

レヴィ

リゾート地として成長をつづける街、レヴィ。街自体も活気にあふれ、さまざまな施設があるのでとっても便利。徒歩圏内でオーロラ観測ができ、スキーやスノーボードなどのアクティビティも楽しめます。

ピュハ

スキーなどのスポーツを楽しめるリゾート地。ナイトスキーをエンジョイしながら、ゲレンデでオーロラ観賞ができるなんて幸運なことも!?

オーロラを見に行く準備

オーロラを見に行くなら、まずは寒い!ということはなんとなくイメージがつきますが、後はどんな準備をすればいいのか難しいですよね。ここではオーロラを見に行く際の準備をご紹介します。

防寒対策

ホテルなどの建物の中は、25°C前後ととっても快適。でも屋外は氷点下の世界です。オーロラを観測する際にはマイナス30°Cほどになることがあるので、防寒対策はしっかりとしましょう。衣服は空気の層を作って断熱効果を高めるため、重ね着が基本。そして手袋や耳当て、フェイスマスクをして肌の露出を防ぎます。また凍傷を防ぐために貴金属は必ず外しておきましょう。そして足元も大事。防水・防寒性に優れたスノーブーツを着用して、全身の防寒対策を行いましょう。

カメラ

オーロラを観賞したら、ぜひ写真にも収めたいですよね。スマホのカメラも進化していますが、キレイに撮影するなら一眼レフカメラなどがおすすめです。撮影時には長時間露光となるため、ブレ防止のために三脚も必須となります。低温でカメラの動きが悪くなる場合があるので、温め用のカイロも用意しておきましょう。

あると嬉しいグッズ

懐中電灯やカイロといった冬の夜のリスクから自分を守るものも必要ですが、オーロラの出現を待つ時間を楽しむ工夫も重要です。温かなコーヒーやスープを入れたポットを持参したり、ひまつぶしになる簡単なゲームなどを持っておくと、寒い待ち時間も少しは快適になります。

フィンランドで楽しむウィンター・アクティビティ

フィンランドの冬の魅力は、オーロラだけではありません。ラップランドで堪能することが出来る、人気のウィンターアクティビティをご紹介します。

雪原を爽快に走る犬ぞり

ハスキー犬に引かれて、壮大な雪原を疾走する。それは特別な体験です。-35°Cの静寂の中、聞こえるのはハスキー犬の息づかいと風の音だけ。スピディーに流れゆく雪景色をぜひ味わってみてください。

スキー&スノーボード

ラップランドの雪質は上質で施設も整備されているため、冬の期間は世界中からのスキーやスノーボード客でにぎわいます。大迫力のダウンヒルコース、広大なクロスカントリーコースなど、存分に楽しむことが出来ます。

トナカイぞり

先住民のサーミ族の暮らしになくてはならない移動手段となっている、トナカイぞり。おとぎ話の世界に入り込んだような気分で、ラップランドの雪道を散策することが出来ます。

アイスフィッシング

凍った湖に穴を空けて、あとは魚がかかるのを待つだけ。そんなのんびりした時間を楽しむのが、ラップランドのアイスフィッシングです。

スノーモービル

雪の中を豪快に駆け抜けるスノーモービル。ウィンターリゾートが充実したラップランドには、さまざまなウィンタースポーツの楽しみ方があります。

フローティングツアー

ドライスーツを着用して、全身で凍った湖にプカプカと浮かぶフローティングツアー。その無重量のような不思議な感覚に、心も身体もリラックスさせることができます。ナイトフローティングもあるので、夜の幻想的な凍った湖をぜひ体感してみてください。

アイス・スイミング

氷の張る冷たい水に入るのは、相当な勇気がいります。でも一度入ってしまうと、水から上がると血液の循環が高まり不思議と身体がポカポカ。これがサウナと同じような気持ちよさをもたらしてくれるんです。

砕氷船

ボスニア湾を覆う分厚い氷を豪快に砕いて進む砕氷船サンポ号。北極圏の氷の迫力を目前に楽しむことが出来ます。

ラップランドのツアーで見れるオーロラ

フィンランドのオーロラ見学ツアーに参加しよう!

おすすめのオーロラ見学ツアーで特別な体験を!

イナリ湖での一晩のオーロラ体験

街の光から遠く離れた小さなコッペロ村へ。凍った湖畔をそりで冒険しながらオーロラを観賞するツアーです。

オーロラツアー詳細

ロヴァニエミ発、オーロラ写真撮影ツアー

サンタクロースの故郷、ロヴァニエミ発のツアー。北極圏の大空を彩るオーロラを楽しみながら、美しく撮影する方法をも学ぶことが出来ます。

オーロラツアー詳細

オーロラ・ノーザン・ライト・アンド・フット(写真ツアー)

オーロラの専門家が最高の撮影方法をレクチャーしてくれるツアー。幻想的な光のカーテンを美しく撮影してください。

オーロラツアー詳細

スノーモービル写真オーロラへの旅行

街の人工的な光から離れ、ノーザンライツを存分に満喫出来る場所へ。このツアーではスノーモービルに乗って深い自然に入って行き、最適なポイントからオーロラを望むことができます。

オーロラ詳細
フィンエアーでオーロラが見える街へ

フィンランドでのオーロラ見学おすすめホテル

フィンランドでオーロラを観賞する時におすすめのホテルをご紹介します。

Arctic TreeHouse Hotel(ロヴァニエミ)

北極圏の大自然に囲まれたラグジュアリー・ホテル。各部屋からは森と北野空を眺めることが出来ます。

ロヴァニエミ行き􏰀航空券

Arctic SnowHotel & Glass Igloos(ロヴァニエミ)

360度のガラス屋根で寝ながら大空を眺めることが出来るガラスイグルーや、雪と氷で作られたスノーホテルなどがあるユニークな宿泊施設。スノーサウナも大人気です。

ロヴァニエミ行き􏰀航空券

Santa’s Hotels(ロヴァニエミ)

ラップランドでのウインターアクティビティ拠点に。ロマンティックな結婚式を挙げるカップルも多いとか。

ロヴァニエミ行き􏰀航空券

KAKSLAUTTANEN(イヴァロ)

ガラスイグルーやログキャビンが人気。カクシラウッタネンでは約8ヶ月オーロラが続き、オーロラ観測にぴったりの場所です。

イヴァロ行き􏰀航空券

Wilderness Hotel Inari(イナリ)

イナリ湖近くにあるWilderness Hotel Inari。夏は湖や緑の美しさ、冬はオーロラを楽しむことが出来ます。

GOLDEN CROWN(レヴィ)

スキーリゾート地のレヴィ。キッティラ空港から30分ほどの場所にあり、オーロラ観測にも最適な場所です。

Hotel Iso-Syöte(シュオテ)

高原の頂上にあるホテルで、その眺望は抜群。ガラスに囲まれた部屋もあり、オーロラやウィンターアクティビティを楽しむのにも最適です。

スウェーデンでオーロラを見る

北部スウェーデンはオーロラベルト地帯に属し、美しいオーロラを望むことが出来ます。フィンエアーが就航するウメオ空港を玄関口として、オーロラ研究所のあるキルナ、またキルナにほど近く氷と雪で出来た世界初のアイスホテルがあるユッカスヤルヴィ、そして山岳地域にあり澄んだ空気でオーロラ鑑賞に最適といえる場所であるアビスコなどがオススメです。

スウェーデン行き􏰀航空券

ノルウェーでオーロラを見る

縦長の国土が特徴のノルウェーの北部は、オーロラ観測に適した北極圏に入ります。ノルウェーでオーロラに触れるなら、北極圏最大の街であるトムロソがピッタリ。北極探検の際の寄港地であり、またその美しい街並から北欧のパリとも称されます。世界最北の定期船フッティルーテンで船の上からオーロラが見えることも。

ノルウェー行き􏰀航空券

アイスランドでオーロラを見る

北緯63〜66度に位置するアイスランド。北海道北部が北緯45度ほどであることを考えると、かなり北にある国であることが分かります。国土の多くがオーロラベルト帯にあり、首都のレイキャビークでもオーロラを鑑賞することが出来ます。アイスランド最大の都市でありながら、中心部は東西に約2km、南北に1km程度と非常にコンパクト。街の雰囲気とオーロラを楽しんでみては?

アイスランド行き􏰀航空券

ラップランドへのお特なフライト

お得なフライトでラップランドへオーロラを見に行こう

フライト予約
You don't have enough points on your account to pay for these services.
検索に対しお勧めできるものが見つかりませんでした。
データ送信中にエラーが発生しました。しばらくたってから再度お試しください。
チェックイン
予約の管理

日本発、フィンランド行きの全てのルート

目的地 最も安い料金*

*運賃には、適用される税金、サーチャージは含まれていません