特別食や食物アレルギーへの対応 | フィンエアー | フィンエアー

特別食と食物アレルギー

コロナウイルスの影響により、空港および機内サービスに変更が生じております。 Onboard meal service

当社は、すべてのお客様に機内でのお食事をお楽しみいただきたいと考えています。そのために、健康、食事制限、宗教、栄養に関するさまざまなご要望に適した豊富な特別食メニューからお食事をお選びいただけます。

特別食は必ず事前にお選びください。重度のアレルギーをお持ちのお客様は、ご出発前にお知らせください。

特別食

特別食は、フィンエアーが運航する長距離便の全クラス、および短距離便(ヨーロッパ内および中東)のビジネスクラスでお申し込みいただけます。[予約の管理]で特別食の種類を慈善にお選びください。

短距離便のエコノミークラスをご利用の場合は、お食事のさまざまなニーズに対応するメニューを取りそろえた機内のお食事・飲み物メニューから食事を購入することも、[予約の管理]から、温かいお食事、サラダ、サンドイッチを予約注文することもできます。

お食事の詳細

上のドロップダウンから1つ選択すると、そのお食事の種類と詳細をご確認いただけます。フィンエアーの努力の有無にかかわらず、当社のフライトではアレルゲンの一切ない食事、客室、環境を保証することはできませんのでご了承ください。

機内食の予約選択

食物アレルギー

重度の食物アレルギーや食物不耐症をお持ちのお客様は特別なお手伝いのリクエストフォームにご記入のうえ、ご出発の72時間前までにお知らせください。その後の手続きとして、医療情報フォーム (MEDIF)のご記入をお願いすることがあります。

ピーナッツアレルギーのお客様

特別食メニューとしてご用意している「他の特別食(SPML)」はナッツを含まないため、ピーナッツアレルギーをお持ちのほとんどのお客様に適しています。しかしながら、当社のフライトにおいて、アレルゲンの一切ない食事、機内、環境を保証することはできません。機内食には、微量のナッツやアーモンドが含まれることがあります。また、他のお客様が機内持込手荷物にナッツを入れている可能性もあります。

近くの座席にお座りのお客様に対して、飛行中にナッツを召しあがらないよう、客室乗務員からご協力をお願いすることはできますが、機内のすべてのお客様に向けたアナウンスはいたしかねます。

航空券を購入される前に、起こり得るリスクとそのリスクを最小限に抑える方法について医師にご相談ください。エピネフリンや、エピペンのようなアドレナリン自己注射薬を処方されている場合は、必ず機内持込手荷物に入れてください。医薬品は別途袋に入れてお持ちください。元のパッケージに入れたまま、処方箋と医師の診断書も一緒にお持ちになることをお勧めします。

機内持込手荷物の安全規定に従っている限り、機内に食べ物をお持ち込みになることができます。ただし、お持ちになったお食事を機内で温めることはできませんのでご了承ください。

アレルゲンに関する情報

ヘルシンキ発の当社便では、ご提供するお食事に関する製品情報や、お食事に含まれる可能性のある14種類のアレルゲンに関する情報を客室乗務員がご案内できます。

海外の国際空港発の当社便では、現地の食品に関する規制のため、アレルゲン一覧の入手が困難な場合があります。ヘルシンキ行きのフライトでも、アレルゲンに関するより良い情報をご提供できるよう最善を尽くしています。

アレルゲンに関する詳しい情報をご希望のお客様は、当社のCustomer Careまでお問い合わせください。

次のページに移動:特別食と食物アレルギー