米国、カナダ、オーストラリアへのご旅行に必要な書類 | フィンエアー

米国、カナダ、オーストラリアへのご旅行に必要な書類

米国

必要な旅行書類

アメリカ市民は有効なアメリカパスポートまたはその他アメリカへの入国を許可する有効な渡航書類を保持している必要があります。

米国へのご旅行または米国を経由するご旅行の場合は、有効なパスポートをお持ちであることに加えて、以下のいずれかに該当する必要があります。

  • 有効なビザを持っている
  • ビザ免除プログラム(VWP)参加国からの渡航で、米国電子認証システム(ESTA)の承認を受けている
  • 永住カード(グリーンカード)を持っている、または
  • その他アメリカ入国に必要とされる有効な許可証を持っている

ビザ免除プログラム(VWP)

ビザ免除プログラムによって、VWP対象国の市民で下記の要件を満たす場合、アメリカにビザなしで入国することができます。

  • 滞在が90日以内である
  • 確定済みの復路便の航空券または国際線乗り継ぎ便の航空券を持っている
  • 滞在全体を賄える十分な資金を持っている
  • フィンエアーなど、VWPに参加している航空会社で米国に到着している
  • マイクロチップ内蔵の有効なバイオメトリック認証対応パスポートを所持している


下記に示す国の市民はビザ免除プログラムによる旅行の対象となります:

アンドラ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルネイ、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、スペイン、韓国、スウェーデン、スイス、台湾(中国)、英国

ビザ免除プログラムに関する詳細


ESTA渡航認証

ESTAは米国へ入国する旅行者が渡航条件を満たしているかを判断するための自動認証システムです。ビザ免除プログラムを利用して米国へ入国する場合、ESTA渡航認証が義務付けられています。年齢に関わらず、お子様も単独のESTA渡航認証が必要です。

  • 米国税関国境警備局より、各ESTA渡航認証につき14米ドルが請求されます。クレジットカードまたはデビットカードで、オンラインでの支払いが可能です。
  • ご出発の72時間前までに、ESTA渡航認証フォームに必要事項をご記入ください。72時間前までにフォームのご提出がない場合は、フライトの時間までに処理されないことがあります。
  • ESTA渡航認証は2年間有効ですが、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、その期限日まで有効となります。
  • 申請が拒否されても米国への渡航を希望する場合は、米国大使館または米国領事館で一時渡航者用のビザを申請する必要があります。


ESTAを申請する

セキュアフライト情報の保護および事前旅客情報(API)について

ご予約時に、以下のセキュアフライト情報をお伝えください。

  • 氏名(パスポートに登録されているお名前)
  • 性別
  • 生年月日


また、航空会社は、米国発着または米国経由のフライトを利用するすべてのお客様の事前旅客情報(パスポートの詳細情報、米国内で最初に滞在する宿泊先の住所)を米国税関国境警備局に提出する必要があります。

住所に関する要件はアメリカ市民、永住者、または8時間以内に出発する国際線乗り継ぎ便または国際クルーズ船の予約保持者には適用されません。

ご予約についての事前旅客情報は、[予約の管理]から追加していただけます。

[予約の管理]

個人情報に関する通知:米国運輸保安局(TSA)は、49 U.S.C.セクション114、2004年の情報改革及びテロ予防法、ならびに49 C.F.Rパート1540および1560に基づき、監視リストと照合するためにお客様にフルネーム、生年月日、および性別の提示を求めています。

Redress Numberがある場合は、併せて提示してください。フルネーム、生年月日、および性別を提示しない場合は、渡航または搭乗ゲートへの立ち入りを禁止する場合があります。TSAは、記録通知システムの公表に基づいて、搭乗者から提示された情報を法執行機関または情報機関に提供する場合があります。

TSAプライバシーポリシー、または記録通知システムおよびプライバシー影響評価に関する詳細は、TSAのWebサイトを確認してださい。


法的要件に関する事前情報

アメリカ税関国境警備局(CBP)は、事前旅客情報(API)に加えて、米国を発着および経由するフィンエアーのフライトの予約について、特定の情報を取得する法的権利を有します。お客様には、ご予約時にこれをお伝えしています。


US-VISITプログラム

US-VISITプログラムは、米国市民と米国に渡航する旅行者の安全性の向上を目的としています。米国への入国時に各渡航者の個人情報を収集し、出国時に再度照合します。

米国への入国時、入国審査官は渡航者の指紋の採取と顔写真の撮影により、特異データを取得します。

渡航者から入手したすべてのデータは安全に保管されます。このデータの使用は、米国を防衛する活動上必要となった時の当局関係者および一部の法執行機関の使用に限定されます。

US-VISITプログラムの詳細情報

カナダ

必要な旅行書類

ビザ免除対象国からカナダに入国またはカナダを経由するすべての旅行者は、電子渡航認証(eTA)の申請が必要です(ビザ、または在住許可証の所持者と米国市民を除く)。

  • eTAはオンラインで申請が可能です。認証費用は7カナダドル(約5ユーロ)です
  • 申請は出発の72時間前までに行うことをお勧めします


お子様の親権をもつ親や保護者の方は、後見権などの法的書類の写しを携帯するよう、カナダ国境サービス庁の係官から勧告が出ています。

親権を共有する片親の方のみが同伴する場合、または、同伴される未成年のお子様の親でも法的保護者でもない場合は、お子様連れの旅行とカナダへの入国を認める同意書を携帯することをお勧めします。

同意書

法的要件に関する事前情報

カナダ国境サービス庁はカナダを発着および経由するフィンエアー便の予約を保持する搭乗客に関して、特定の情報を取得する法的権利を有しています。お客様には、ご予約時にその旨をお伝えしています。

オーストラリア

必要な旅行書類

  • オーストラリアおよびニュージーランド国籍の方を除き、すべての国籍のお客様は、オーストラリア入国に際し電子ビザ、在住許可証、電子渡航認証が必ず必要です。
  • 一部の国籍に限り、オーストラリア経由で第三国に乗り継ぎをする場合、乗り継ぎする国際便の出発が到着から8時間以内で、その人が国際線乗り継ぎエリアに留まる場合に限り電子ビザ/電子渡航認証なしで乗り継ぎが可能です。
  • 電子ビザまたはeTAは、旅行前に必ず十分な時間の余裕を持って取得してください。航空会社はオーストラリアへの渡航手続きを行う前に、搭乗客の電子ビザまたはeTAのステータスを出発管理システムで確認します。
  • オーストラリアのVisa Finderは、オーストラリアへ旅行する際に、旅行者が取得する必要のある電子許可または電子ビザの種類を確認できるウェブサイトです。こちらのウェブサイトから必要な許可/ビアの申請もできます。
次のページに移動:米国、カナダ、オーストラリアへのご旅行に必要な書類